スポーツ

巨人「重婚騒動コーチ」就任で「下半身スキャンダルまみれチーム」のお笑い

 元巨人の岡崎郁氏のYouTubeチャンネル「アスリートアカデミア」の9月27日に投稿された動画に、同じく元巨人の鈴木尚広氏が出演したが、視聴したファンの間で微妙な反応が相次いだ。

 鈴木氏は1996年にドラフト4位で巨人入り。第一次・原監督時代の02年に1軍に昇格し、初盗塁。08年には自己最高となる30盗塁を記録して日本一に貢献し、ゴールデングラブ賞も獲得するなど、「走塁のスペシャリスト」として活躍した。来季からは巨人の1軍外野守備兼走塁コーチに就任するべく、調整が行われているという。

 岡崎氏は11年~12年のヘッドコーチ時代に鈴木氏と同じグラウンドに立っており、「走塁に関しては日本一、あるいは世界一」「彼よりも盗塁が上手な人はいまだかつて見たことがない」とベタ褒め。対談では鈴木氏の幼少期から中学・高校時代の話に始まり、入団当初に3度骨折した苦い経験や、盗塁に関しては「ノーサイン」だったという原監督との信頼関係などが明かされたのだが…。

「案の定、視聴者からは『あの事件」が蒸し返されましたね。鈴木は現役引退後、19年に巨人の一軍外野守備走塁コーチに就きましたが、同年10月、日本シリーズの開幕直前に『一身上の都合』として突如退団。理由は直前に週刊誌により報じられた『重婚スキャンダル』と言われています。巨人の女性関係では坂本勇人が『中絶トラブル』で物議を醸したばかりだけに、鈴木には余計にキツイ目が向けられる形になった」(スポーツライター)

 来季の首脳陣人事に関しては、鈴木氏のほかにも、阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチがヘッド兼バッテリーコーチとなるなどの配置転換に加え、大久保博元氏を打撃チーフコーチ、阿波野秀幸氏を投手チーフコーチとして招聘するという。スポーツ紙デスクはこれに苦笑いで、

「ますます揶揄される要因が増えましたね。そもそも原辰徳監督自身、かつて不貞トラブルで、暴力団関係者に1億円を支払っていたわけですが、参謀役の阿部コーチはグラドルとの不貞密会がさんざん報じられた。そこに重婚騒動の鈴木コーチが加わり、チーム主将の坂本は変態プレイと堕胎強要スキャンダルで、恥ずかしい姿を晒している。まさに『下半身スキャンダルまみれチーム』のお笑い状態ですよ」

 スタンドからはいっそう強烈なヤジが飛ぶことだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題