芸能

飯尾和樹(ずん)「『畳の上で死ぬな』と『二刀流』でやっていこうかなと」

テリー この前、「師匠!いらしたんですか」という本を出したでしょう。これ、読ませてもらって。今日初めてゆっくり話していて思ったんだけど、飯尾さんってポジティブだよね。

飯尾 そうですね。自分も(相方の)やすもそうだと思うんですけど、図々しい人間なんですよ、ほんとに。親兄弟や友達がみんな心配して、普通ならやめるはずなのに、30過ぎてまたコンビ組んだり。基本的に図々しいポジティブだと思いますね。

テリー この本はどういう経緯で出すことになったの。

飯尾 これはもともと4年ぐらい前かな、月曜日の「日刊ゲンダイ」に800字でコラムを書いてたんですよ。それをPARCO出版の方が「本にしませんか」って声をかけてくれて。でも、パッと見たら、やっぱり4年前って古いんですよ。それで半分ぐらい書き直しましたね。

テリー 俺、この中では「どの口が言ってるんだ師匠」がいちばん好きだったな。

飯尾 あ、ほんとですか。ありがとうございます。プロスポーツ選手って、よくブーイングされるじゃないですか。ほんとにサボってたり、イヤな反則をした時のブーイングはしょうがないと思うんですけど、試合に負けただけでブーイングってヒドいですよね。ブーイングしてる人を見てると、「この人たちは毎日、会社や学校でシュート決めて点取ってるのかな」と。「ホームラン打ててるのか」と思うんですよ。

テリー 我が身を振り返るとね。

飯尾 僕もこの世界に入ってよかったと思いました。言ったことがウケる、すべるで結果すぐ出るじゃないですか。だから、ほんとにブーイングしなくなりましたね。「じゃあ、お前は毎日爆笑取ってるのか」って。

テリー 取ってるじゃない。

飯尾 いやいや、内野安打で必死にすべり込んでるだけです。

テリー とはいえ、最近は役者としても大活躍で。この前公開された「ガリレオ」シリーズの最新作(「沈黙のパレード」)にも出てるよね。

飯尾 娘を亡くす、すごくシビアな役で、カメリハの時にアドリブで笑いを入れたら、そこがちょっとウケたんですね。そしたら監督が来られまして、「そういうのいらないですから」って(笑)。「飯尾さん、『ずん』を置いてきてください」って言われました。

テリー まぁ、芸人としては笑いがないと不安だよね。

飯尾 でも、「確かにそうだな。ここで笑いはいらないな」って思いまして。だけど監督が去った後に、同じシーンの椎名桔平さんが「ナイストライ」って言ってくれました。

テリー 椎名さん、いい人だからね。これからも役者はやるんでしょう?

飯尾 そうですね。僕がドラマや映画には疎いんで、いつもマネージャーとやすのゴーサインが出たらやるようにしてます。

テリー 俺、どんどんやればいいと思うよ。渥美清さんや西田敏行さんみたいになれるんじゃないかな。

飯尾 いやいや、テリーさん。両親が「男はつらいよ」が大好きで、映画館に行ってたので、渥美清さんの影響もありますけど。それはさすがに荷が重いです。

テリー そうかな。大谷翔平だって二刀流でやってるんだから、飯尾さんもできるよ。

飯尾 いや、僕は身長193センチもないですから。それは関係ないか(笑)。でも、実はテリーさんと8年ぐらい前にご一緒した時、帰り際に声かけていただいて「飯尾、畳の上で死ぬなよ」って言われて、それはすごく覚えてるんですよ。

テリー へぇ、それはうれしいな。

飯尾 だから、今回もその言葉をいただいて。「畳の上で死ぬな」と「二刀流」でやっていこうかなと思います。

◆テリーからひと言

 いや、ほんとに役者はどんどんやってほしいな。あと俺、飯尾さんは文章力があるから小説も書けると思う。まずは短編小説から、ぜひ挑戦してみて。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題