芸能

「若手芸人に厳しくダメ出し」たけしが絶賛!やす子の「顔面リアクション芸」

 ビートたけしのお墨付きを得て、元自衛隊芸人・やす子の将来は安泰かもしれない。そう思ってしまうほど、たけしがやす子を絶賛しているのだ。

 それは10月31日放送の「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系)でのこと。

「この番組は、オープニングトークでたけしがゲストの若手芸人に水をぶっかけたり、パイをぶつけるなどしてイジるのがお約束になっています。この日の芸人枠ゲストは、やす子とお笑いコンビ・三四郎。この3人がターゲットになりました」(テレビ誌記者)

 たけしは放送日がハロウィンということで、魔女の姿で登場。まずはパンプキン型のお菓子を、ゲストの白石麻衣にプレゼント。続けて芸人3人に向かって「お前らも欲しい?」と聞くや、バスケットボールよりも大きなオレンジ色の「かぼちゃ風船」をやす子、三四郎の小宮浩信、相田周二の順に放り投げた。テレビ誌記者が続けて解説する。

「風船の中には、オレンジ色の塗料がたっぷり入っていました。やす子は風船をキャッチした直後に破裂し、塗料を顔いっぱいに浴びることに。一方、小宮は胸で受け止めて破裂。相田は手でキャッチした瞬間に割れました」

 頭からオレンジ色に染まったやす子に対して、三四郎の2人は塗料が衣装に少しかかっただけ。ただし、やす子はすぐに立ち上がり、顔をオレンジに染めたまま「子供の頃から見てたので光栄です!」とリアクションをとった。芸人として正解だったのが誰なのかは、視聴者にも一目瞭然だったと、テレビ関係者が評する。

「言うまでもなく、やす子でした。たけしも彼女を指差し『お前がいちばんうまい』とベタボメ。対して三四郎の2人には『お前ら、ここ(胸の前)で受け止めたら、これ(水風船)を上げなきゃダメだろ』と、厳しくダメ出ししていました。芸歴17年の三四郎が、芸歴3年のやす子に惨敗するとは、赤っ恥でしたね」

 たけしはこのオープニングトークで、たびたび芸人にダメ出しをするのだが、

「最近では、錦鯉が出演した回がそうでした。バズーカを撃って的に当てる遊びをやらせたんですが、錦鯉の2人は銃口を素直にマトに向けました。するとたけしは『銃を持ったらまず最初に、オレを狙うフリをするんだよ』とダメ出ししたんです。若手芸人のことが心配なのか、かなり厳しい口調でしたね。逆にホメることはまずありません。たけしのお墨付きを得て、やす子は今後、仕事を増やすことでしょう」(前出・テレビ関係者)

 やす子の「はい~」を、毎日のようにテレビで見ることなるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」