社会

離婚・失職・行方知れず…「パパ活どハマリ会社役員」の憐れすぎる末路

 大阪のクラブに勤務するホステスの美優さん(27歳・仮名)は今から3年ほど前、常連客の紹介で店に来た、ハセガワという会社役員の男と知り合った。

「ハセガワさんは42歳でしたが、年齢の割にはイケイケな印象でした。でも羽振りがよくて、私のことを気に入ってくれたようで、来るたびにシャンパンを入れてくれたことを覚えています。それからしばらくした頃でしょうか、ハセガワさんが突然『最近、パパ活にハマッているんだよね』と言ってきたんです」

 お金のある人だからパパ活もできるんだろう…と、ハセガワ氏の話を軽い気持ちで聞いていた美優さん。だがそれ以降、ハセガワ氏の様子は次第におかしくなっていった。

「それまでは身なりもきちんとしていて、自信のある喋り方だったんですが、だんだん服装がみすぼらしくなっていったんです。しかもクラブの支払いもカードではなく、現金になって。ママもその様子を見ていて、私に『ハセガワさん最近、無理しているみたいだから、もう呼ばない方がいいのでは』と言ってきたほどで…」

 ハセガワ氏のことが気がかりになった美優さんは「仕事が大変そうなら、無理して店には来ない方がいい」と、それとなく伝えた。すると、ハセガワ氏はこんなことを話したのだと、美優さんは振り返る。

「『最近、彼女ができたんだけど、お金がかかるんだよね』と言われて、もしかすると彼女にすごくお金を無心されているのかな、と心配になりましたね。それから何カ月か経った頃、ハセガワさんはぱったりと店に来なくなったんです」

 ほどなくして美優さんは、ハセガワ氏の「その後」を知ることになる。

「ハセガワさんはパパ活で知り合った彼女に入れ込み過ぎて、相当な借金を作っていたそうです。ついには子供の貯金にまで手を付けたことから、奥さんにバレて離婚。会社にも噂が広まってしまい、問題になる前に自主退社して、行方知れずになってしまったそうです」

 パパ活にハマりすぎた代償は、あまりにも大きかったのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング