芸能

伊丹十三が刺された「マンホール大の血の池」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 衝撃事件の生々しい真相が、直接本人の口から語られる──。それも、記者会見ならではの特徴かもしれない。

 95年5月22日夜、映画「ミンボーの女」を公開したばかりの伊丹十三監督が、自宅近くで3人組の暴漢から鋭利な刃物で襲撃され、重傷を負った。

 翌23日、妻で女優の宮本信子が、東京・有楽町の東宝本社8階で緊急記者会見に臨んだ。

「伊丹は血まみれになって家に入ってきたのですが、家族に『落ち着け!』というほど冷静で…。救急車の中でも私がパニックにならないよう、私や家族のことを心配してくれました。私の手を握って『警察が守ってくれるから、心配するな。僕も守るから』と。警察に全てお任せしています。ただ、死ななくて本当によかった、というのが今の心境です」

 必死に嗚咽を堪え、気丈に語る彼女の姿に、妻としての強さと夫婦の深い絆を感じたものだ。

「ミンボーの女」は、暴力団の民事介入暴力に敢然と立ち向かう、女性弁護士の物語。折しもこの年は「暴対法」が施行されたことで、警察当局が世論を追い風にし、暴力団壊滅に向けて動き出していた。そうしたこともあり、関係者に与えた衝撃は大きかったのである。

 さて、伊丹監督が入院先の東京女子医大を退院し、東宝本社で記者会見に臨んだのは、事件から1週間が経過した5月30日だ。会場では主催者が記者、カメラマンそれぞれに身分証明書の提示を求め、入場の際には報道関係者ひとりひとりが「身分チェック済み」を示す、ピンクのリボンを胸に付ける、という徹底ぶりだった。

 そんな厳戒態勢の中、宮本に付き添われて登場した伊丹監督は右手で杖をつき、頬にはテープ、頭にネットの包帯をかぶるという、なんとも痛々しい姿。抱きかかえられるように席に着くと、

「(妻が)110番している間も、血がピチャピチャと音をさせながら、とめどなく流れて、マンホールほどの大きさの池になった」

 当時の生々しい様子を語り始めたのである。そして、

「体そのものにダメージはないが、心臓に持病があり、ケガのショックで心臓にきている」

 ただ、「映画を作っている時は、極道のプロなら襲ってこないだろう、という確信があった」そうで、

「今ですか。怖いのかどうかわからないけど、きっとこれから街をひとりで歩いたり、大勢のグループがいたら恐怖を感じるかもしれませんね」

 恐怖の瞬間を語る伊丹監督の言葉もさることながら、会見の最中、監督に水を手渡したり扇子であおぐなど、終始気遣いを見せる宮本の姿に「夫唱婦随」を見たのだった。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
5
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由