スポーツ

メジャー挑戦・吉田正尚が「第2の秋山翔吾になる」危険な現実味

 ポスティングシステムでメジャーリーグ入りを目指すオリックス・吉田正尚に、早くも「第二の秋山翔吾」を危惧する声が出ている。

 主砲としてオリックスを26年ぶりに日本一に導いた吉田。本人の「高いレベルで野球をやりたいという気持ち、小さいときからの夢にチャレンジしたいという気持ち」と訴え、球団からメジャー挑戦を承認された。

 米国内では早くも「争奪戦が勃発」との報道があるが、実際は社交辞令の域を出ていないという。在阪スポーツ紙の野球担当デスクは、次のように分析する。

「あのイチローが在籍していたオリックスの選手というので盛り上がっている部分がある。実際は『通用するのか』と疑問視する声の方が大きい。入札価格が高額でなければ獲得に乗り出す球団はあるでしょうが…。鈴木誠也の評価には届かないという声がもっぱらです」

 米国内での日本人野手の評価は、二刀流で成功した大谷翔平を除いて年々下がっている。鈴木は日本の4番として、日本人野手としては史上最高額となる5年総額8500万ドル(約101億円)という破格の条件でカブスに入団。4月にはプレー・オブ・ザ・ウイークを受賞する活躍をみせたが、5月には負傷者リスト入り。その後、復帰したが打率2割6分2厘、14本塁打と目立った成績を残すことができず、ナ・リーグの新人王レースでは1ポイントも獲得できなかった。

 それでも走・攻・走三拍子そろっており、米スポーツ専門局「ジ・アスレチック」のように、来季以降を期待する意見もある。

 だが吉田に関しては、今季途中に広島入りした「秋山翔吾の二の舞いでは」と危惧する声も大きい。

 MLBに詳しいテレビ局関係者は、

「日本で二度のシーズン最多安打を放っている秋山の技術が、MLBではまったく通用しなかった。吉田はパワーでは秋山より上だが、メジャーでそれが通用するか、疑問です。大谷は何年もかかって肉体強化に取り組み、メジャーリーガーと肩を並べられるようになった。パワーヒッターの吉田が、現状のままで活躍するのは難しい」

 さらに、吉田は18年に手術を余儀なくされたように、腰に爆弾を抱えている。日本より試合数が多い上、移動が過酷なメジャーで戦うには肉体的な不安もある。今年の日本シリーズ第5戦では球団史上初のサヨナラアーチを放つなど、勝負強さには定評があるが、待ち受けているのはイバラの道かもしれない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
「西武ライオンズはプロじゃない」とコキ下ろす里崎智也に「アンタが監督やってくれ」劇薬待望論
5
「紅白パフォーマンス事件」でNHKに干され…DJ OZMAが急転直下の引退宣言/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史