スポーツ

桑田真澄の説教に「はああ!?」とアタマにきた投手の「その後の改心」

 今オフ、巨人投手チーフコーチから配置転換となった桑田真澄ファーム総監督。温厚な性格で、現役時代から声を荒らげる光景はなかなかないのだが、その桑田総監督から怒られたのだと、高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉に出演して明かしたのは、巨人OBの橋本清氏である。

 橋本氏はPL学園時代、桑田氏の2つ後輩にあたる。プロ入り後のある試合で、橋本氏は当時の長嶋茂雄監督にリリーフ登板を直訴。対する中日の打者はPL学園時代の同期・立浪和義(現・中日監督)だった。ところが同点ホームランを放たれ、橋本氏は涙を流してしまう。

「みんな、例えば『次だ』とか『また明日もあるから』『ハシ、切り替えろ』とか…。でも桑田さんが来られた時に、まぁ厳しい言葉というか、愛情の裏返しなんでしょうけど、『ちゃんと準備してたか。泣くのはいいけど、責任を全うするにはしっかり練習しなさいよ。準備が必要だよ』と」

 93年、橋本氏はプロ2年目で52試合に登板し、6勝4敗3セーブ、防御は1.83の好成績を収めた。調子に乗っているのを桑田氏に見透かされたのではないかと振り返ったのだが、当時の橋本氏にとっては、

「『次だ』って言われて、ハイって…そのビタミンの方が入ってくるんですよ」

 桑田センパイの説教には「今?はああ!?何!?」とカチンときたそうだが、

「次の日に冷静に考えた時に、ああそうだって、すごく重い言葉というか、ジワジワと…」

 今季、巨人で初勝利投手が8人も生まれたのは、そうした静かな説教があったからなのか…。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論