社会

ぽっちゃり系やちょいブスも増えた!「パパ活交際クラブ」の嗜好拡大と激安化の現実

 新型コロナによる不況のアオリでパパ活女子が増えたことにより、パパ活市場では「下落」が進んでいる。「相場」が下がったことにより、いわゆる「港区女子」のような玄人感のある女性ではなく、より素人感の強い女性の人気が高まっているのだ。

 かつてのパパ活は、素人女子を求めるのであればパパ活アプリ、港区女子と出会いたければ交際クラブで探すのが一般的だった。

 交際クラブは、高額な会員費を支払った男性会員のみが入会できる、いわばパパ活女子とハイスペックな男性を結び付ける紹介所のようなもの。以前はCAやグラドルなど、ステータスの高い女性と出会えることで知られていたが、

「ここ最近は交際クラブといっても、女性の系統が変わってきた」

 と証言するのは、都内の交際クラブに入会する会社役員の男性だ。

「以前は、最低でも『オトナ10』(大人のお付き合いアリで10万円)以上のハイクラスな女性しか入会できなかったのですが、最近は不況や物価高騰によって、男性会員が激減しています。そこでクラブ側が、女性会員の入会合格レベルを大幅に下げた。マニア男性の嗜好に特化したぽっちゃり系や、ちょいブスな女性会員も増えました。料金は『オトナ2~3』と激安なので、風俗に行ってハズレを引くよりはいいかなと思います。なにより素人ですしね」

 女性のレベルを下げたことで、今では高級交際クラブの面影はほとんどなくなったという。だが、パパ活狩りや性感染症のリスクを考えると、パパ活アプリやSNSで探すよりも安全性が高いといえるのだろう。こうした変化も、素人パパ活女子の需要が増える一因となっているのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション