社会

空き家にトラちゃんといるクールボーイを発見!再び捕獲器を仕掛けた/二度連れ戻された「脱走ねこ」の物語(11)

 2度目の脱走から2日目の朝。近所を探し回って我が家から4軒目の空き家で立ち止まって、しばらく様子を確認する。庭は草木が生え、奥の壁の手前には物置もある。猫には都合のよさそうな場所はいくつもある。ここは重点観察地区である。

 昼、夕方と、同じように見回ったが見つからない。勝負は猫が動き出す夜中である。深夜12時を回って懐中電灯を持って空き家に行ってみる。気配はない。塀の扉を開けず、伸びをして庭に面したあたりを凝視してみたら…。

 いた! クールボーイがいるじゃないか。それも茶虎の野良猫、トラちゃんと一緒だった。依然と同じように尻尾を振ってうれしそうにしている。伸びをしたまま「クー」と呼んでみた。一瞬、チラッとこちらを見たような。

 前夜と同じように庭の木製の扉を開けてみた。クールもトラちゃんも物音に気がついたようで、ギクリと身構えた。扉が開いた隙間の先の暗闇でクールと目が合った。

「クー」といったら、ソッポを向いた。中に入ろうと動くと、クールもトラちゃんも申し合わせたように奥に逃げてしまった。どこに消えたのかはわからない。そうなったら、庭に侵入して探すしかない。だがけっこう雑草が生えていて、足に何かが引っかかる。暗闇でライトを照らして、誰かに見つかったら泥棒だと通報されるかもしれないので、ドキドキしながら一瞬だけ照らしてみる。周囲を見たが、猫の姿はない。

 いずれにせよ、前日見たサバトラの猫、トラちゃんにクール…。ここは猫たちの館なのだろう。その場は扉を音が出ないようにゆっくり閉めて家に戻った。

「クール、いた。やっぱり、あの空き家」

 と連れ合いのゆっちゃんに言うと、

「やっぱりね、クーはどうしてた?」

「トラちゃんと一緒。昨日見たサバトラの猫も一緒。楽しく過ごしているかもしれない」

「まあ、クーはそのほうが楽しいのかあ」

 問題はそうとわかってどうするか、だ。

「でも、お腹はすかしているんじゃない。他の猫が食べるかもしれないけど、カリカリを少し置いてあげたら?」

「そうだね」

 すぐに空き家に戻って入口の扉の先に器に入れたカリカリをおいて、家に戻った。

 3日目、再び、保護猫のクールを紹介してくれたMさんに連絡である。

「クール、同じところで見つかった」

「そう。よかったわね。それじゃ、また捕獲器でつかまえるしかないね」

「でも、前と同じように台所に仕掛けて、来てくれるかな?」

「その家の庭に仕掛けることはできないの?」

「さすがに、そこまではできないかな」

「家の人に連絡はつかないの? 頼んで、置いてもらうしかないんじゃない」

 それで、思いついたのが我が家の隣の列の2軒目の和菓子屋だ。女将さんは近所のことなら何でも知っているから、聞いてみよう。それが一番だ。

 早速、和菓子屋に行って事情を説明する。

「あの家には体が悪いおじいさんが一人で住んでいたの。でも、1人じゃおいておけないので、どこか施設に入れたみたい。Yさんという娘さんがいるけど、連絡先がわかればね。わかったら連絡してみますよ」

「そうしてもらえると助かります」

「ところで、どうやって逃げたんですか」

 それが…と詳しく説明したら、「まあ」と女将さんも驚いている。我が家のベランダから和菓子屋の1階の庇にジャンプするなんて…というわけだ。

 結局、その日は娘のYさんには連絡がつかなかったが、「説明すればわかってもらえるから」と女将さんが言うので、夜、捕獲器を仕掛けることになった。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション