社会

夜の街が激変!大阪・梅田から「若い女性在籍店」を消滅させた「新ルール」の実情

 新宿や銀座とも並ぶ西の繁華街、大阪・梅田。グリコサインのあるミナミに比べると、観光客よりも地元のサラリーマンや出張客が飲みに来る場所として知られているが、2年ほど前から「変化」が起きている。

 熟系キャバ店は変わらず人気なのだが、若い女性が在籍する店やラウンジが軒並み、消えつつあるのだ。コロナ前までは女子高生をコンセプトにしたコンセプトキャバなども多数営業し、観光客からの人気を集めていたが、今ではさっぱり見かけなくなった。その理由を、元キャバ店の従業員は、次のように明かす。

「コロナ禍であまり話題になりませんでしたが、大阪府の受動喫煙防止条例の改正が、大きく関わっていると思います。新しいルールとして『20歳未満の方は喫煙エリア立入禁止』というのができたのですが、それによって、未成年を雇っていた店が禁煙になってしまったんです。大阪は喫煙率が高く、飲食店でも喫煙の店じゃないと流行らない。その結果、未成年を雇う夜の店が流行らなくなりました」

 22年4月から、大阪府受動喫煙防止条例の一部施行により「従業員を雇用する飲食店は客席面積にかかわらず、原則、屋内禁煙」となった。だが、あくまでも罰則や強制力などを伴なうものではない「努力義務」とされているため、守っていない店もあるのが実情だ。

 大阪は東京に比べると、喫煙の飲食店が多い。最近は東京・歌舞伎町でも禁煙のホストクラブなどが増えており、店内で堂々と喫煙するために「たばこ小売販売許可証」が必要なシーシャ店が急増し、人気を集めている。大阪の夜の店とタバコは、切っても切れない関係にあるようだ。

(カワノアユミ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」