芸能

大物女優Sが“犬猿”相手と極秘密会の裏事情

 芸能人が目撃されるエリアの一つが、東京・港区西麻布界隈。

 とりわけ「隠れ家」と呼ばれるレストランや居酒屋、バーが点在し、コロナが感染拡大するまでは、夜な夜な有名人のご機嫌な姿が目撃されていた。

 こうした隠れ家の中でも、ここ10年ほどで急増したのが会員制の店だ。会員制といっても、ほとんどはその店の常連客からの紹介だが、中には紹介者が同伴しなければ入れないようなチェックが厳しい店もある。

 特に入店チェックが厳しくて有名な高級焼き鳥店「S」は、これまでも数多くの有名人カップルや女優たちの密会現場を狙って、週刊誌に張り込まれてきた店の一つだ。

「一時は『結婚間近』とまで報じられたものの、その後は破局が報じられた女優SとHが、お忍びツーショットで飲みに来ていたと話題になりましたが、まさにこの店です。また最近離婚したRや体調不良のため療養中のYなども数年来の常連客です。でもね、この3人、マスコミではいわゆる“共演NG”の関係として有名。でも、以前からこの店でちょくちょく集まっている仲なんですよ」(週刊誌カメラマン)

 隠れ家という密室では、共演NGと言われた女優たちが、実は最近も仲良く女子会を開いていたというから驚きだ

 一方、看板もなく、入店するためには指紋認証のみ、という徹底したバー「J」にはキー局の女子アナ出身のTや大手事務所から独立した女優のKらが1人で訪れるほど。つまり有名美女にとっての「プライバシーを詮索されないスポット」なんだとか。

「Tは、今は文化人としてセレブ妻のポジションでマスコミにも登場しています。女優SとT、そしてSは、それぞれこのバーに、おひとりさまで通っていて意気投合したそうです。かつては親友とも言われていたのですが、Tが結婚した際、2人の事務所にお祝いコメントをもらおうと連絡したら、『彼女とは親しくないのでコメントする立場にない』という回答が来たんですよ」(スポーツ紙記者)

 もちろんこの3人がテレビ番組などで共演したこともなく、その後、その店に訪れることもなくなったという。

「共演NGの原因は、恋人被りやキャラ被り。ただ事務所や制作サイドの忖度でNG扱いになるケースもありますが、意外と本人は気にしていないことが多い」(テレビ局関係者)

 最近はSNSやトーク番組などで共演NG報道に反論する芸能人が多いが、本当にNGな関係の場合は、交流すら「なかったこと」にするのが芸能界の掟だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに