芸能

大物女優Sが“犬猿”相手と極秘密会の裏事情

 芸能人が目撃されるエリアの一つが、東京・港区西麻布界隈。

 とりわけ「隠れ家」と呼ばれるレストランや居酒屋、バーが点在し、コロナが感染拡大するまでは、夜な夜な有名人のご機嫌な姿が目撃されていた。

 こうした隠れ家の中でも、ここ10年ほどで急増したのが会員制の店だ。会員制といっても、ほとんどはその店の常連客からの紹介だが、中には紹介者が同伴しなければ入れないようなチェックが厳しい店もある。

 特に入店チェックが厳しくて有名な高級焼き鳥店「S」は、これまでも数多くの有名人カップルや女優たちの密会現場を狙って、週刊誌に張り込まれてきた店の一つだ。

「一時は『結婚間近』とまで報じられたものの、その後は破局が報じられた女優SとHが、お忍びツーショットで飲みに来ていたと話題になりましたが、まさにこの店です。また最近離婚したRや体調不良のため療養中のYなども数年来の常連客です。でもね、この3人、マスコミではいわゆる“共演NG”の関係として有名。でも、以前からこの店でちょくちょく集まっている仲なんですよ」(週刊誌カメラマン)

 隠れ家という密室では、共演NGと言われた女優たちが、実は最近も仲良く女子会を開いていたというから驚きだ

 一方、看板もなく、入店するためには指紋認証のみ、という徹底したバー「J」にはキー局の女子アナ出身のTや大手事務所から独立した女優のKらが1人で訪れるほど。つまり有名美女にとっての「プライバシーを詮索されないスポット」なんだとか。

「Tは、今は文化人としてセレブ妻のポジションでマスコミにも登場しています。女優SとT、そしてSは、それぞれこのバーに、おひとりさまで通っていて意気投合したそうです。かつては親友とも言われていたのですが、Tが結婚した際、2人の事務所にお祝いコメントをもらおうと連絡したら、『彼女とは親しくないのでコメントする立場にない』という回答が来たんですよ」(スポーツ紙記者)

 もちろんこの3人がテレビ番組などで共演したこともなく、その後、その店に訪れることもなくなったという。

「共演NGの原因は、恋人被りやキャラ被り。ただ事務所や制作サイドの忖度でNG扱いになるケースもありますが、意外と本人は気にしていないことが多い」(テレビ局関係者)

 最近はSNSやトーク番組などで共演NG報道に反論する芸能人が多いが、本当にNGな関係の場合は、交流すら「なかったこと」にするのが芸能界の掟だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
4
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応