スポーツ

サッカー日本代表「森保監督続投」は「いつでも解任」含みの危うい船出

 やはり森保一監督の「交代論」は根強かった──。

 日本サッカー協会が昨年12月28日、森保監督の続投会見を「突然」にして行った。例年であれば27日が仕事納めにもかかわらず、この日の午前に臨時理事会を開き、すぐさま報道陣に会見を開くことをアナウンス。席上、田嶋幸三会長は森保監督の契約期間を「次のW杯までの4年間」と明言し、年俸は「世界的に見ても恥ずかしくない金額」として、2億円を超えるものになった。

 ところが会見に同席した反町康治技術委員長は、森保監督と2時間ほど話をしたと語った上で、続投会見にもかかわらず「まだまだ足りない点はあると、話をさせていただいた」と、異例のダメ出しをしたと明かしたのだ。

 反町委員長は20年3月に就任。その時はすでに森保体制が発足していた。もともと「森保は俺が選んだ監督ではない」という考えで、技術委員会では「森保ではなく外国人監督推し」になっていた。次期監督については9月からリストアップを開始。そこで接触を図り、候補に挙げていたのが、14年W杯ブラジル大会で優勝したレーヴ氏を筆頭とした「ドイツ人監督」だった。

 しかし森保ジャパンは、W杯カタール大会の初戦でドイツ代表に鮮やかな逆転勝ちを収めた。技術委員会関係者によれば、

「ドイツ代表には勝てないと思っていたからこその人選だったが、あれでドイツ人監督を選ぶわけにはいかなくなった」

 最終的には、田嶋会長がメンバー1人を指名する権利を持つ「代表監督選定委員会」(昨年12月21日開催)に、森保監督が「師」と慕う岡田武史副会長を選び、反町委員長を含む3人で「森保続投」が固まったわけである。

 そんな「いつでも解任」が燻る体制で、森保ジャパンは3月に再スタートを切る。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言