芸能

工藤静香×中山美穂「30年不仲バトルの封印を解く!」(2)田原俊彦を巡り親友関係が決裂

 91年1月1日に放送された「新春かくし芸大会」(フジ系)内のドラマで、田原と工藤が恋人役で共演。

「ベタなラブロマンスでしたがキスシーンもあった。それがきっかけなのかはわかりませんが、2人が意識し合うようになり、ある歌番組で2人が手をつないでいる場面がテレビに映ってしまった。それを見ていた中山が大激怒して、トシちゃんとの関係がこじれ、工藤との親友関係も決裂したともっぱらでした」(ワイドショー関係者)

 その後のミポリンは、ヤンキー系から大人の女性へと路線変更。94年に「ただ泣きたくなるの」でミリオンヒットを記録し、98年には木村拓哉(50)とのドラマ「眠れる森」(フジ系)で最高視聴率30.8%を記録。高視聴率女優へと上り詰めていく。

「02年には、前年に雑誌の対談で顔を合わせ『やっと会えたね』と言われて一目惚れした作家の辻仁成氏と結婚。拠点をフランスに移して、しばらく芸能活動は休止状態でした」(ワイドショー関係者)

 工藤はというと、94年にYOSHIKIとロサンゼルスに滞在。泥酔状態のYOSHIKIが飲酒運転とスピード違反で現行犯逮捕された時、助手席に乗っていたのは工藤だった。

「僕らマスコミが現地に飛ぶと、2人は潔く交際宣言しました。工藤はYOSHIKIとペアルックの黒ずくめにサングラス姿。俺色に染まるタイプなんだな、と思いましたね」(ワイドショー関係者)

 そんな工藤は00年にキムタクと結婚し、育児に専念していたが、05年から音楽活動を再開。ミポリンも同年にCMで3年ぶりにメディアに登場するなど、育児をこなしながらも芸能活動を継続させてきた。

「工藤は娘でモデルのCocomi(21)とKoki,(19)を育て上げ、フルート奏者でもあるCocomiとは昨年の紅白で共演しました。ソロデビュー35周年を記念したDVDの売り上げも好調のようです。中山は14年の離婚後、親権を辻氏が持っているせいか近年、芸能活動を活発化。盛んにバラエティー番組にも出演していて、3月からは全国ツアーもスタートします」(女性誌記者)

 ではなぜ、2人の人気が再燃しているのか。芸能レポーターの石川敏男氏は、次のように分析する。

「今、昭和歌謡が見直されていて、若い世代の間でブームになっています。80年代のアイコン的な2人が表に出るからこそ、当時のファンや若者にも響いているんでしょう。魅力のある2人ですから、今後もこの波に乗り続けると思います」

 ヤンキー系アイドルだった20代前半から約30年。2人の不仲説が取りざたされてきたが、昨年5月放送の「人生最高レストラン」(TBS系)で、ミポリンが工藤との関係を口にした。

「いちばん長いドライブが横浜ですかね。横浜の港が見える丘公園とか。たぶん、彼女が運転したんじゃないかな」

 ともに結婚、出産、育児を経験した2人は、長い年月をかけて雪解けを迎えたのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」