芸能

綾瀬はるかVS長澤まさみ ついに共演!「海街diary」で巨乳対決!(2)僅差の判定で綾瀬有利?

 続いての「スキャンダル勝負」はどうか。

 綾瀬はドラマ「JIN-仁-」(09年)で共演した大沢たかお(46)のマンションに通う姿がキャッチされたことがあるが、

「仕事やさきざきのことを考え、事務所に別れるように言われて破局しました。その後は、昨年のNHK大河『八重の桜』で共演した西島秀俊(43)との噂が浮上しています」(芸能ジャーナリスト・安良佳人氏)

 とはいえ、男女2人組の友人と旅行に行くところを空港で目撃されるなど、彼氏よりももっぱら友達を優先しているようだ。

 対する長澤は、伊勢谷との密会と破局が繰り返し報道されているが‥‥。

「一時、伊勢谷は長澤に事務所を辞めさせ、自分が面倒を見ようと画策したこともありました。しかし、伊勢谷にDV、暴力癖の評判があるため、長澤の事務所は別れさせたがっている。破局報道は事務所サイドがリークしていることで、実際はまだつきあっているようです」(スポーツ紙デスク)

 第2ラウンドは長澤がポイントを奪い返した形か。

 そして、いよいよ最後の「爆乳勝負」となると、両者の手数、いや揺れ数は激増し、鼻血ものの攻防戦を見せつけるのだ。

 先制パンチを放ったのは長澤。5月15日、カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場すると、黒いロングドレスでは、胸の谷間をあらわにし、下乳にはパックリとスリットが。ハミ出したナマ下乳を見せつけるように歩き、あふれんばかりのタプタプ連打を浴びせたのである。

「脚のキレイさ、長さでは完全に長澤のほうが綾瀬より上です。それに加えて、カンヌでの下乳。セールスポイントが脚や胸だとわかってきたんですよ。Tシャツ姿でいる時など、動いたり走ったりするとみごとに揺れまくって、目が釘づけになりますよ」(映画関係者)

 一方の綾瀬も、すぐに反撃に打って出た。

「綾瀬は30歳を目前にして熟してきた感がある。あまり露出の多い洋服は着ないし、体のラインがわかる衣装もほとんどない。それでもエロいんですよ。映画『プリンセス トヨトミ』(11年)でも、ムダに走らせてFカップをユサユサと86回も揺らせたのは、明らかに監督の『意図』でしたね。上映中の『万能鑑定士Q』では、ジャケットのボタンを締めてもズーンと飛び出していました。見ている分には長澤のモデル系プロポーションがいいですが、抱き心地は断然、天然グラマーの綾瀬でしょう。

 ただ、綾瀬は今までベッドシーンなどのカラミが一度もない。女性としての魅力をまったく使っていません。最高のおっぱいを持っているのですから、決定的なサービスカットを見せてほしいですよ」(映画配給スタッフ)

 ダウンの応酬の末、両者の激突は判定決着へ。採点の結果、僅差の判定でレフェリーは綾瀬の手を上げたのだった。もっとも──、

「今回の映画は海辺での撮影ですし、長澤が原作にはない水着シーンをブッ込めば、大逆転の可能性も十分あります」(映画関係者)

「爆乳タイマン」の本当の決着は、映画の公開を待つしかないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故