スポーツ

巨人・大久保博元コーチ「早朝1000本スパルタスイング」でも阿部慎之助ヘッドは「夜錬派」の内紛含み

 2年連続で優勝を逃した巨人が宮崎キャンプから、朝7時スタートの「アーリーワーク」を実施している。

 アーリーワークは大久保博元打撃チーフコーチが08年の西武コーチ時代に取り入れ、一定の成果を収めたことから導入を提案。しかし、早朝から若手に1000本のスイングをノルマとして課すなど、まるで昭和時代のような練習に、疑問の声も上がっている。

 21年に引退した元オリックスバファローズ外野手の西浦颯大氏はツイッターで、岸田行倫捕手のバッティング練習風景について「意味のない練習にしか見えない」とバッサリ。

「量より質 100回適当に振るくらいなら10回本気で振った方がよっぽど自分の為になる やらされる練習が一番意味ない 自分で考えてやらないと。上からすみません」

 と苦言を呈しており、これに賛同する声は多い。

 また、大久保コーチが西武時代のアーリーワークを巨人に持ち込んだことを不安視する声も。スポーツライターが言う。

「大久保コーチは西武時代、アーリーワークに遅刻した選手から1分につき1000円の罰金を徴収し、『アーリー会』などという、選手との食事会に充てていました。そうした中、菊池雄星に暴力を振るった不適切指導により、コーチを解雇されています。さすがに巨人では罰金制度は取り入れていないようですが、当時とかわらぬスパルタ体質に、いつ選手が反旗を翻すか、ハラハラしますよ」

 チーム内では「常勝が義務付けられている球団。勝つためには何でもやる」とアーリーワークを歓迎する向きもあるのだが、阿部慎之助ヘッド兼バッテリーコーチなどは、夜練派だという。

 開幕前に内紛が起きないか、心配になるのである。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」