芸能

暴言暴力の嵐…ブルース・ウィリスを襲う「キレる認知症」の生き地獄

 米俳優ブルース・ウィリスの出世作「ダイ・ハード」は、日本語に訳すと「不死身」。つまり、何があっても死なない男を意味する。その晩年はまさにダイ・ハード、家族は2月16日、昨年に俳優業を引退せざるを得なくなった「失語症」の原因が「前頭葉側頭葉型認知症」であることを公表した。

 元妻のデミ・ムーアや現妻エマ・ヘミング=ウィリスが病名を公表し理解を求めたのもその切実な病状からだ。

 前頭葉側頭葉型認知症は、人間の社会性と理性、言葉をコントロールする前頭葉、側頭葉が萎縮していくため「反社会的なキレる中高年」になるのが特徴だ。コンビニやスーパー、百貨店、病院や役所に行くと、必ずと言っていいほど店員、職員を怒鳴りつける年寄りを見かけるようになった。

 池袋の母子死亡交通事故のほか、警察官など5人に重軽傷を負わせながら「自分は当て逃げ被害者」と供述する呆れた暴走老人など、高齢者による交通事故の原因も、こうした前頭葉、側頭葉の萎縮が関連しているとみられる。都内老人施設の施設医を務める精神科医が言う。

「50代から60代の初老期に発症し、認知症患者の1割が前頭葉側頭葉型と言われていますが、実際にはもっといるでしょう。脳が萎縮し、反社会的で暴力を振るう人格に変わるので、病院に連れていくことも困難なのです。ブルース・ウィリスさんは俳優という仕事柄、言葉が出なくなった初期症状で病院を受診したので、すぐに診断がついた。家の中でも外でも暴言暴力をふるい、近所トラブルを引き起こす。万引きを繰り返し、売り物の商品を盗み食いして、食べ過ぎては嘔吐物を撒き散らす。隙をみて車に乗り込んでは、事故を起こす。赤信号の交差点や遮断機が下りた踏切を、待てずに飛び出す。本人に罪の自覚はありません。お子さんがまだ高校生、大学生という働き盛りの50代男性が発症すると、やっかいです」

 筆者にも恐怖体験がある。夜勤アルバイト先の一般病院に「ちょっとそこのアナタ、包丁持ってきてくださらない?」と毎夜カーテンから手だけを出し、手招きする女性がいた。同型の患者は足腰が達者で素早く、それでいて手癖が悪く、突如として豹変する。

 ある時、同室患者の家族が果物の皮を剥くために持ってきた果物ナイフを、隙をついて盗み、それを振り回してスタッフを追いかけ回すという惨劇が起きた。

 フォークを手に介護職の目を突き刺そうと追いかける老婆もいたし、妊娠中の女性スタッフを執拗につけ回し、お腹に飛び蹴りを食らわす乱暴老人もいた。病院や施設での看護師の暴力だけが切り取られて報道されるのは、実にアンフェアだ。

「高級老人ホームや施設に入れても、他の入居者の部屋に入り込んで現金や貴金属を盗む、大事な思い出の品を壊す。他の入居者の食事を盗み食いする。便を塗りたくる。注意したら職員や入居者、家族に危害を加えるので、老人ホームからも追い出されます。退所の原因は患者の反社会的行為に原因があるので、高い入居金は1円たりとも返ってきません。脳の萎縮を止める特効薬も治療法もありません。唯一の対処療法は、暴れないよう向精神薬や鎮静剤を投与するしかない」(前出・精神科医)

 国の試算では、2030年には高齢者が人口の3割を占め、認知症患者は6500万人にのぼる。前頭葉側頭葉型認知症患者も600万人を超える計算だ。本人は認知症を患っている自覚がないまま、至る所でバイオレンス映画かホラー映画のような惨劇が繰り広げられる近未来が、もう何年か後に迫ってきているのだ。

 ブルース・ウィリスの家族は「ブルースの病状が進行する中、さらに理解と研究が必要なこの病気に光が当たるよう、メディアが注目してくれることを望んでいます」と述べている。この悲劇的な難病の治療法が早く見つかることを祈るしかない。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに