スポーツ

栗山英樹監督が受け継ぐ09年WBC原辰徳監督の「仰天采配のキモ」

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で侍ジャパンが勝ち続けるために「目標は世界一です。非情だと思われるくらい、優しさは完全に消し去る」と、栗山英樹監督は断言した。短期決戦ではまさしく「先手采配」が大きなポイントとなろう。

 長い日本プロ野球史の中で、国立大出身、そして大学教授のキャリアがある監督経験者は彼だけだ。現役時代は大卒後、社会人野球(朝日生命)に内定。両親からは教員になりなさいと言われ続けてきたが、「プロになりたい」と聞く耳を持たなかった。

 しかし、その後に受けた西武と大洋(現DeNA)の入団テストは不合格。ようやくプロ入りが決まったヤクルトでも、当初は全く戦力にならなかった。

 そんな中、スイッチヒッターへの転向を勧めた若松勉氏、さらに「組織はリーダーの力量以上には伸びない」の名言を残した野村克也氏ほか、多くのOBから薫陶を受けてきた。

 そして栗山監督自身、「僕はあの人のマニアです」とまで公言しているのが、巨人・原辰徳監督だ。日本ハム時代も、監督としての振る舞いや采配で、その背中を追いかけてきた。

 前回、世界一になったWBC09年大会で指揮を執った原監督の野球は、仰天采配の連続だった。

 大会期間中に不振が続いたイチローの起用を貫き、ダルビッシュ有の抑え起用や、セオリー度外視の攻め手で頂点にたどり着いた。

 栗山監督も16年シーズンに、不動の4番だった中田翔に突然、代打を送ったり、クリーンナップが定位置だった大谷翔平をクライマックスシリーズで初めて「1番」に起用したり。これがズバリ当たり、日本ハムを10年ぶりの日本一へと導いている。

 はたしてWBC本戦では、マニアを自任する原監督流の「仰天采配」が見られるか。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」