芸能

ABCテレビ・ヒロド歩美がノースリーブ外交で掴んだ「年収2億円」(2)テレ朝トップの“鶴の一声”で

 順風満帆なステップアップを重ねてきたヒロドアナにとって転機となったのが、17年の「サンデーLIVE!!」のMC就任だった。

「同番組はテレ朝、ABC、名古屋テレビ放送(メ~テレ)の系列3局がスタートさせた肝いりの番組で、各局から1人ずつエース級のアナウンサーを投入することになったのですが、ヒロドアナは唯一の女子アナとして選出された。これで、テレビ朝日の上層部、特にトップの早河洋会長の覚えがめでたくなったのです」(ABC関係者)

 その後、20年4月から22年の3月まで、東京五輪取材という大仕事に取り組むため、一時的にABCテレビの東京支社に所属。同時に拠点を東京に移したが、そのことで多少の軋轢が生じたという。ABC関係者によれば、

「アナウンサーにはレギュラー以外にも、ストレートニュースと呼ばれる短時間番組のニュース読み仕事が全員持ち回りで割り当てられます。ですが、ヒロドアナは東京にいて除外されるので、嫉妬の声が上がっていました」

 加えて、ようやく大阪本社勤務になったと思ったら、1年経たずにフリー宣言。当然ながら、反感を抱く向きも出てきた。ABC関係者が続ける。

「起用となれば、これまで自局アナでタダだったところが、新たにギャラが発生しますから。何より急すぎて、現場は大混乱でしたね。でも、表立って批判されることはありません。なぜなら、独立から『報ステ』キャスター就任の絵図を描いたのは、テレ朝の早河会長だからです」

 急転直下の退社は、系列グループ最高権力者による“鶴の一声”で決まったというのだ。

「フリーと言いつつ実質的にはABCからテレ朝への移籍。おそらく、『熱闘甲子園』のような、ヒロドアナにとって大切な番組への継続出演の手形は切っていると思います。少なくとも1、2年は他局での番組出演はないでしょう。帯番組に毎日出演するだけに忙しくなるのは間違いなく、それだけ収入は跳ね上がります。『報ステ』の年間契約料で数千万は下らない上に、話題の人物ですから、CM業界が目を付けないはずがない。イベントの司会なども合わせれば年収2億円は堅い」(東京キー局関係者)

 ヒロドアナが取材を続けてきた阪神タイガースでも、2億超えのプレーヤーは青柳晃洋投手(29)ただ1人。田中みな実(36)といった元キー局のエース級を蹴散らし、フリーアナ界イチの高給取りになる日はもう目の前か。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】