エンタメ

水森太陽の読めばガッポリ“ウハウハ”占い「美白の白から目指す『貴人の相』」

 3月14日はホワイトデー。バレンタインにチョコを受け取っていた方は「義理」だったとしてもお返しを心がけるといいでしょう。チョコを贈った7割の女性がお返しを期待しているというデータもあります。

 また、3月14日は「美白の日」。健康的な肌の白さは人相学的にも「貴人の相」と言われています。男性もスキンケアに努めれば、今後、思わぬ幸運を引き寄せるかもしれません。

 3月15日は「下弦の月」。これは、満月から新月に至るまでのおよそ中間、半月の状態を指しています。いわば、新月に生まれ変わる時期で、断捨離や人間関係の見直しに向いていると言われています。体から“毒素”を排出するデトックスを試してみてもいいでしょう。

 さらに3月18日は「彼岸入り」。お彼岸はあの世と.がりやすい日と言われ、先祖の霊を供養するのが一般的。身近にいた故人をしのび、感謝の気持ちを持って過ごすことが大切です。

 西洋の占星術では、春分の日は1年の始まりとされ、「宇宙元旦」とも呼ばれます。東洋と西洋に共通する節目なので心穏やかに過ごしたいですね。

<2023年3月13日~3月19日>

牡羊座:新しい情報を入手するために、古い知識のリセットが求められそう。後輩の何気ない話からビジネスチャンスが広がるかも。恋愛面では、色っぽい運が上がるので、飲み歩いて損はなし!? ラッキーナンバーは「7」。

牡牛座:物事がうまく進んでいくタイミング。目標に向かって堅実に取り組むことが重要で、問題やトラブルが起きても解決できそう。お世話になった人を大切にすることで、さらに運気がアップ。ラッキーカラーはホワイト。

双子座:頭の回転が速くなるのを実感します。新しいアイデアが閃きやすいので自分の考えを人に説明したり、書き出してみてはいかが? ホワイトデーの前後には思わぬ美女と巡り会うかも!?ラッキーアイテムは香りつきの石鹸。

蟹座:余計な仕事や人付き合いに関する雑務が一気に片づけられそう。特に対人関係では、優しさと思いやりを持って接することで、運気アップ。週末はゆっくり過ごせるように準備を。お酒の肴にはきゅうりがオススメ。

獅子座:安定した週ですが、娯楽や恋愛などはちょっとお休みモードに突入。目の前の仕事や課題をこなして、来週以降に楽しむための助走期間と捉えましょう。これまで行ったことのない場所の散策に運気アップあり。

乙女座:安定や慣習をいったん手放す時期です。部屋の片づけでは、古いものをどんどん捨てることで、新しい出会いや、金運が舞い込んでくるかも。「循環」のキーワードを意識した行動を。ラッキーナンバーは「12」。

天秤座:小さな欲望を抑えることが大きな成果を生み出す週。ついついゲームなどの娯楽にのめり込んでしまうマインドをリセットすることで、より大きな幸運がつかめるかも。ラッキーカラーはエメラルドグリーン。

蠍座:未来のための種まき期にあります。後輩と食事をする機会があれば、積極的に奢るのが吉。ホワイトデーの名目で、職場の異性にお菓子などを配ってもいいかも。夜景がキレイなスポットに開運チャンスあり。

射手座:自分のメンタルを見直す週。辛いことがある時こそ、成長のための糧と意識すべし。今頑張るべきことに集中することで、思わぬ幸運が巡ってきそう。週末はギャンブル運が上昇。ラッキーフードはサーモン。

山羊座:週の半ば以降から、金運、恋愛運が共にアップ。人付き合いで嫌な思いをした御仁にはうれしいご褒美が舞い込んできそう。利益を得たいなら多少のリスクは覚悟すべし。ラッキーアイテムはオレンジ色のネクタイ。

水瓶座:人間関係の見直しが必要。プライベートを充実させるために、余計な人間関係は一旦リセットしてもいいかも。「楽しんだ者勝ち」の精神で新しいことにチャレンジを。恋愛面では友人から恋人に発展する期待アリ。

魚座:運勢が新しいサイクルに入ったこともあって、これまでのキャリアを見つめ直しましょう。周りの人には優しさと思いやりを持って接することで、運気を上げることができそう。ラッキースポットは都市の中にある公園。

水森太陽(みずもり・たいよう)/東京・池袋の「占い館セレーネ」代表。10代から占いの研究と実践を行い、四柱推命をはじめ、さまざまな占術を修得。これまで2万人以上を鑑定し、占い師の育成にも尽力している。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)