スポーツ

「次回WBCで日本は世界一になれない」江川卓が不気味に断言する「ナルホドな理由」

「かなり難しくなると思います。(次の大会での)世界一は」

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一に返り咲いた侍ジャパンには、早くも26年に開催が予定される第6回のWBCでの連覇に期待が高まる。だが、冒頭のようなシビアな見解を口にしたのは、野球解説者の江川卓氏だ。

 YouTubeチャンネル〈江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】〉でのことで、今大会に敗れた他国の今後の「力の入れよう」について江川氏は予測したのだ。

 江川氏の持論に触れる前に、まずはWBCの過去の大会を、野球ライターが振り返る。

「第1回、第2回と連覇した日本ですが、第3回はドミニカ共和国、第4回はアメリカに優勝を阻まれました。これまで16チームだった本選の出場国が、第5回から20チームに増えたこともあり、今後のさらなる激戦は必至です」

 そんな状況の中、今回の日本の驚異的とも言える強さが、逆にアダとなると江川氏は言うのだ。

「(日本がWBCで優勝できないのは)なぜかというと、この(日本の)レベルを向こうが見たんで、相当なメンバーの強化があると思います」

 他国の本気度がより一層増すため、連覇は至難の業になると言うのである。

 一方、そんな他国のやる気アップ以上の「難敵」がある、と語るのは別の野球ライターだ。

「WBCの莫大な放映権料は、次回はさらに跳ね上がることでしょう。3月16日夜にテレビ朝日系で放送された準々決勝の対イタリア戦の世帯視聴率は48.0%もの高視聴率を記録したと話題になりましたが、今後、地上波の放送局では『暴騰する放映権料が払えない』とならないとも限りません。次大会の地上波放送がゼロになる可能性もあるのです。今大会はアマゾンプライムで視聴した方も多かったようですが、年配者はまだまだテレビ信者が多い。お金を払ってまでコンテンツや配信を見たくないとかたくなになれば、侍ジャパンを応援する人も減少してしまいます」

 確かに応援は侍戦士の原動力でもある。江川氏の不気味な予測も大いに気になる。だが、今大会の活躍のように、そんな不安を一掃してくれるのがまた、侍ジャパンの底力ではないか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
5
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!