スポーツ

3.31開幕戦から「なおエ」のエンゼルスに槙原寛己が「大谷翔平の心が折れてしまう」の苦言

 3月31日、アメリカでメジャーリーグが開幕した。

 アスレチックス戦に「先発投手」「3番DH」で登場したエンゼルスの大谷翔平は、2安打無失点、10奪三振(毎回)の好投を演じ、勝利投手の権利を得て6回に降板。打っては3打数1安打と、ファンの期待に応える活躍を見せた。

 ところが、エンゼルスの1点リードで迎えた8回裏、後続のピッチャーが打ち込まれて2点を献上。大谷の今季初勝利がお預けとなる中、9回表にエンゼルスはアスレチックスのクローザーを攻め立てたが、あと1本が出ないまま、試合終了となった。

 この試合結果を受け、SNS上には「なおエ」なる3文字の俗語が数多く投稿される事態に。「なおエ」とは「なお、エンゼルスは試合に負けました」の略で、試合後にテレビなどで報じられる「大谷投手は毎回10奪三振の好投。なお、エンゼルスは1点差で試合に負けました」などのフレーズから3文字をピックアップしたものだ。

 さらに言えば、この「なおエ」は、かつての「なおマ」をもじったもの。イチローが打撃で大活躍したにもかかわらず、マリナーズが試合に勝てなかった際の「なお、マリナーズは試合に負けました」に由来している。

 大谷に話を戻せば、今季の開幕戦に限らず、同様のケースは過去にも数多く見られた。野球解説者の槙原寛己氏も、開幕戦直後に出演した情報番組「ゴゴスマ」(TBS系)で「まさに『なおエ』。このままでは大谷の心が折れてしまわないか、心配だ」などと、浮かない表情で苦言を呈していた。

 WBCでの侍ジャパンの優勝後、大谷は「次の目標はワールドシリーズで優勝することです」と語っていたが、エンゼルスの不甲斐ない「なおエ」が今後も続くようであれば、ワールドシリーズどころか、リーグ優勝すら厳しいのではないか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
5
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!