事件

裁判の日程すら決まらない「紀州のドン・ファン殺害事件」の不透明感

 4月13日は野崎幸助さんの誕生日である。生きていれば82歳になっていたはずだ。別名「紀州のドン・ファン」と言えば、多くの方は分かるだろう。

 ドン・ファンと交友があったデヴィ夫人は彼より1歳年上だが、今でも元気にテレビに出演しているのだから、あの事件がなければ彼も人生を謳歌していたのかもしれない。ちなみに同じ和歌山県御坊市出身の二階俊博元幹事長もデヴィ夫人の一歳上の84歳だが、国会議員を引退する気配すらない。

 和歌山県田辺市で生まれ育ったドン・ファンは貸金業などで財を成し、亡くなった当時は酒類販売業を営んでいた。財産は30億円以上もある資産家だった。結婚は2度したが、離婚して独身だった。子供はおらず、ダックスフントの愛犬イブと一軒家で暮らしていた。そんな矢先、2018年2月に55歳年下の女性と電撃入籍し、周囲の者たちを驚かす。

「17年暮れに初めて彼女と会いました。それから3、4回会っただけでの入籍ですから、驚きますよ。加藤茶の年の差婚を抜いたと評判になりました」(ドン・ファンの会社の従業員)

 結婚の条件として、ドン・ファンが毎月100万円の小遣いを支払うことになっていた。

 18年の4月13日はドン・ファンの77歳、喜寿の誕生日だった。早朝の飛行機で関西国際空港から羽田空港へ。その後、築地の聖路加国際病院で目の検査を受けてから、定宿となっている六本木のホテルでビールを飲み、親しい者たちとお祝いをした。まさかこの1カ月後に愛犬イブが急死し、自らも亡くなるとは、夢にも思わなかっただろう。

 田辺市にいた若妻からは祝いのメールが届いただけで、とても新婚カップルのような状況ではなかったようだ。炊事、洗濯、掃除などの家事を全くしない彼女は結婚式も拒否し、自宅でもどこかに行った時も、ゲームばかりしていた。ジェネレーション・ギャップは結婚前から予想されていたことであり、ドン・ファンにも責任の一端はあるのかもしれない。

 六本木で迎えた誕生日から1カ月余りが経った5月24日の夜10時前、ドン・ファンは自宅2階の寝室でソファーに横たわり、亡くなっているのが発見された。解剖の結果、薬物の大量摂取が死因とされた。

 疑われたのは若妻だったが、警察の動きは鈍く、このまま迷宮入りするとのウワサが流れていた2021年4月28日、和歌山県警は都内品川区のマンションに住んでいた彼女を逮捕したのである。その後に起訴されると、和歌山市内の丸の内拘置所に移送。初公判の日程はいまだ決まっていない。

「あまりにも遅いのではないかと、記者たちからは不満の声が上がっています。早貴被告の弁護士が誰なのかも裁判所は開示していないし、接見禁止も続いたままです」(司法担当記者)

 慌てて入籍をしなければ、ドン・ファンは殺されないで済んだかもしれない。デヴィ夫人が元気な姿をテレビで見せているのを見るたび、彼が不憫だと感じる。

(深山渓)

カテゴリー: 事件   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」