スポーツ

槙原寛己がWBC侍ジャパン監督に推す「高津臣吾」と栗山英樹の「共通点」が…

 世界一になったWBC侍ジャパンの「次の指揮官」は誰になるのか。工藤公康、イチロー、古田敦也、稲葉篤紀…様々なレジェンドが俎上に載せられているが、意外な名前を口にしたのが、野球解説者の槙原寛己氏だった。

 YouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に巨人OBの篠塚和典氏、定岡正二氏を招くと、持論を展開。

「高津臣吾監督あるなと思ってるんですよ。2年連続で優勝して、WBCの監督を。監督として実績、手腕を問われた時には、面白い話かなと思ったんですよ」

 定岡氏によれば、

「栗山(英樹)監督に似たようなところがあって、若い選手を育てながらうまく使うから、チームがまとまってるんですよ」

 定岡氏は同時に、ヤクルトの3連覇を予想した。

「それが現実のもとなれば、侍ジャパン監督のオファーも同時に現実味を帯びてくるかもしれません。が、これは専門職。チームを率いながらの兼任監督は難しい」(スポーツ紙デスク)

 高津ヤクルトが黄金時代を築けば築くほど、球団もヤクルトファンも退任を許さないだろう。なんとも難しい話である。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」