芸能

AKB48大家志津香は「愛されるおブス」

「えっ、マジで?」「これは酷すぎる!」「放送事故だよ」「さすがにドン引きした‥‥」アイドルとしていかがなものか!!」──。

 ネットを中心にそんな驚きの混じった罵声が広がった。AKB48のメンバーで、チームBの副キャプテンも務める大家志津香(22)が、8月9日放送のテレビ朝日「くりぃむナンチャラ」で、全すっぴんを公開した瞬間だ。

 ネット住人の罵倒力はさらに容赦なく、「俳優の大泉洋そのもの」、さらには「春風亭小朝だろ!」なんて声まで。ようは女性アイドルが似ていてはまずいレベルであったことは間違いないのだ。

 この世間の反応に対し、全国ネットで公開したため一気にこのような事態になったのでは? と説明してくれたのは、アイドルライター。

「彼女はもともと自分のブサイクぶりを自覚していた子です。ファンなどのオタクたちからはとっくにブスのレッテルを貼られてましたし、それはグループ内でも同様で、成人式の日に選抜メンバー入りを目標に掲げて、他のメンバーたちから大爆笑されてました」

 もとをたどれば、どこにでもいる女の子がアイドルになって、ファンとともに成長する。それがAKB48であり、「可愛い子が1人もいない」などの評価も以前は当たり前のようにあった。ところがグループの存在が大きくなったため、彼女のような“そこそこ有名メンバー”が本気でブスだったという事実は、思いのほか世間には衝撃だったのだろう。

「2011年に大手事務所に移籍して、急に推され始めたんです。その頃は『ブスのくせに』なんてやっかみを聞いたことはあります。それでも、じゃんけん大会でバニーガール姿で登場して会場を盛り上げたり、後輩の面倒見がいいことなどからも、信頼度も高くなっていきましたよね。『叩かれてばかりだけど、あたしの顔が嫌いなら、握手会でブスって言いに来なよ』と発言して、今度はメンバーから拍手喝さいを浴びてましたから」(前出・アイドルライター)

 福岡県出身の大家は、昨年よもやの総選挙1位でスターダムにのし上がった、大分県出身の指原莉乃(21)と寮生活をしていたことからも非常に仲がいいという。指原もブレイク当初は「ブス」を連呼されていたことは記憶に新しい。

「卒業した美人系メンバーの大島優子や板野友美は現時点ではパッとしません。篠田麻里子もブランド問題で人気急落、おしゃれ番町のレッテルはく奪ですよね。そんな中、大家や指原ら叩き上げの『非美人系メンバー』がどんどんのし上がる可能性は高いですよ。バカができますから、バラエティ番組での使い勝手もいいですしね」(前出・アイドルライター)

 事実、トンデモすっぴん公開後、女性からの好感度は一部で高くなっているともいう。「メイクであそこまで変われるんですね」「スタイルはすごくいい」「クイズ番組でも見ましたけど、意外と頭がいいのかも」「あんな普通の子と握手したい」などなど。さすが情報公開時代、全てをさらけ出す勇気は勝利を導くのかもしれない。

 そんなわけで、大家志津香にぜひともご注目あれ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
亀梨和也も寝耳に水?深田恭子の新恋人報道に「激怒した」ジャニーズ事務所
2
体型コンディションも最高! 橋本環奈「成人の振袖姿」が可愛さの限界突破
3
2019年「平成後」の大異変<地震・災害編>「南海トラフ大地震」で太平洋側横断「47万人被害」
4
まさかの自粛モード?「水曜日のダウンタウン」がつまらなかった説!
5
フリー転身後の争奪戦が本格化?桑子真帆の「Fカップ」が今も進化中!