スポーツ

みのもんた「今年の夏の高校野球で起きた議論についてひと言」

 夏の甲子園はいいよね。予選から勝ち上がっていくから、さまざまなドラマが生み出される。次の話題は球児のドラマに冷水を浴びせるような話だよ。

【夏の高校野球で議論噴出】

今年も数々の熱戦を繰り広げた甲子園。球場外でもさまざまな話題がヒートアップした。埼玉代表の春日部共栄の女子マネジャーが2年間で2万個のおにぎりを握ったことが報じられた。そこに、マネジャー業に専念するため、受験選抜クラスから普通クラスに転入したことも報じられ、ネットで議論が沸き起こった。また、ネットニュースで甲子園出場校の県外出身者、いわゆる「野球留学生」が増加傾向を示していることも話題となっている。

 この“おにぎりマネジャー”? 誰かに強制されたというなら問題だけど、新聞に掲載された笑顔の写真を見れば、自分が好きで選んだ道ってわかるじゃない。外野がとやかく口を出す話じゃないよ。

 それから「野球留学」に関しても、「地元の選手が活躍することに意義がある」という主張もわからないでもない。でも、その県で生まれて、その県の水と空気で育った子だけが参加できる、純粋主義みたいな考え方にはどこか違和感を覚えるんだよね。

 どこから来たとかよりも、同じ世代の若者たちが白球を追いかけて食らいつくひたむきさ、それが見られることのほうが大事だと思うよ。それも9人一丸となる姿が、プロにはない高校野球の魅力じゃないかな。

 マー君(兵庫出身・駒大苫小牧高卒)にしろ、ダルビッシュ(大阪出身・東北高卒)にしろ、もし地元の高校に進学していたら、甲子園に出場していないかもしれない。そうなると、メジャーでの活躍も見られなかった可能性もある。それに、プロ注目の選手が集う強豪校があるからこそ、7年前に優勝した佐賀北高みたいな「普通の県立校」が勝ち抜いていくというドラマもある。

 あらゆる要素が高校野球というドラマを作っているんだから、「野球留学」も許していいんじゃないかな。

 元フジテレビのアナウンサーが東海大四高の投手のスローボールを批判したんだって? 「世の中をなめた少年になりそう」と言ったということだけど、使う言葉を間違ったんだろうね。そもそも、フジは現役時代の達川光男が当たってもないのに「当たった!」と審判にデッドボールをアピールする姿を珍プレーで放送していた。そのほうが教育上、よろしくないよ。えっ? そのアテレコをしていたのは私でした(笑)。

◆プロフィール みのもんた 1979年に文化放送を退社後、フリーアナとなる。以後、数々の番組で司会、キャスターを務める。1週間で最も生番組に出演する司会者のギネス記録保持者でもある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性