芸能

本来は地上波で流せない…THE SECOND「反ワクチン陰謀論ネタ」に「予想外の反応」が!

 5月20日、フジテレビ系で生放送された「THE SECOND~漫才トーナメント~」の「グランプリファイナル」。結成16年以上の漫才師を対象にした同大会には「M-1グランプリ」の出場資格を失った実力派芸人らが参加。第1回大会として今年2月から東京と大阪で予選を実施し、最終決戦では8組によるトーナメントが行われた。

 この大会で頂点に立ち、優勝賞金1000万円を獲得したのは、結成19年のギャロップだ。優勝の瞬間、ボケの林健は「くすぶってるみんな! 夢めっちゃあるよ!」と絶叫。大盛り上がりの中、幕を閉じたのだった。

 この最終決戦で、テレビにあるまじき「ぶっ込んだネタ」を持ってきたのが、トップバッターの金属バットだった。テレビ関係者が振り返る。

「彼らは『ことわざの意味』を取り違えるネタを披露したのですが、ここで『反ワクチン陰謀論』を揶揄するくだりがあったのです。生放送でなければ、絶対に地上波で流せない内容ですよ。結果、番組内でもとりわけインパクト抜群のシーンとなりました」

 危険なことについつい首を突っ込んでしまう『飛んで火に入る夏の虫』の例として『ああ、ワクチンね』とボケて『思想つよ!』とツッコミを入れるネタだ。さらに「なんやねん、マイクロチップ入ってるみたいなウワサあるけど」とワクチンデマに言及したのだ。

 このネタに、さぞ反ワクチン派は怒っていると思いきや、

「局に抗議の電話がきたとの話は聞いていません。それどころか反ワクチン派の人たちが『ワクチンに警鐘を鳴らすネタ』と真逆に受け取って、SNS上で金属バットを絶賛する投稿が『陰謀論アカウント』を中心に拡散されているんです。まさかの反応ですよ」(前出・テレビ関係者)

 優勝は逃したが、別の意味で爪痕を残した金属バットであった。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン