スポーツ

豪華メンバーを揃えても名門ガンバ大阪を最下位に沈ませる「監督の経験不足」

 25年ぶりに5連敗を喫し、J1リーグ最下位に沈むガンバ大阪。名門復活を目指しながらも、ここ数年は迷走が続いている。昨季も残留争いに巻き込まれ、最終的には15位と、ギリギリで残留した。

 今季も「ACL圏内」を目標に、思い切った補強を行った。日本代表GKの谷晃生を湘南へのレンタルから戻し、パリ五輪の主力であり3月に代表にも招集された半田陸を、山形から獲得。

 パトリックが抜けた穴は、チュニジア代表のイッサム・ジェバリ獲得で埋めた。神戸に移籍した齊藤未月の代わりに、イスラエル代表のネタ・ラヴィを獲得。

 昨夏には、残留するために食野亮太郎をポルトガルから戻し、元日本代表の鈴木武蔵をベルギーから獲得。さらに鹿島からファン・アラーノを加え、チームの顔でもある宇佐美貴史もいる。

 メンバーだけを見れば、最下位にいる戦力ではない。だが、チームというのは生き物であって、いい選手を11人集めれば勝てるというものではない。現に昨季の神戸はあれだけのメンバーを揃えていながら、開幕から11試合勝ちなしという不名誉な記録を作ってしまった。ところが今季、ほとんどメンバーが変わらないのに、首位に立っている。それだけチーム作りというのは難しい。

 では、今のガンバ大阪に何が起きているのか。勝てないチームは先制されると後手、後手に回り、ミスを繰り返す。何かのきっかけでチームは好転するが、今はそれが見当たらないのだ。

 いや、それ以上に気になるのが、今季から指揮を執るダニエル・ポヤトス監督の手腕だ。徳島から引き抜く形で獲得したが、不安はなかったのか。

 ポヤトス監督はスペインで若年層の監督経験はあるが、トップチームを率いた経験はない。若年層の監督は勝ち負けよりも、ひとりでも多くトップチームに送り出すのが仕事。一方でトップチームの監督は、結果を求められる。

 唯一、パナシナイコス(ギリシャ)の監督を務めたことがあるが、開幕から1分け2敗で解任。このほか、徳島で2シーズン指揮を執ったぐらいだ。しかも1年目はJ1ながら、J2に降格。1年でJ1復帰を目指したものの、8位となって失敗している。そもそも徳島をJ1に昇格させたのはポヤトス監督ではなく、その後に浦和を率いたなったリカルド・ロドリゲス監督であり、トップチームでの実績はないのである。広島のミヒャエル ・スキッベ監督や浦和のマチェイ・スコルジャ監督の実績に比べれば、まだまだ経験不足だ。

 いくらいいメンバーを揃えても、その人材を監督が使い切ることができなければ、チームは機能しないのではないか。

 クラブはポヤトス監督続投を示したが、今週は5月24日にルヴァン杯(京都戦)もあり、交代は難しい。週末にはJ1に復帰した新潟戦がある。この2試合で結果を出せなければ、大きな決断が必要だ。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」