女子アナ

バストグラビアにドラマ女優にフル回転…TBS田村真子アナ「芸能界入り」ならガンガン売れる

 5月22日発売の「週刊ヤングマガジン」で表紙と巻頭グラビアを飾ったのはなんと、TBSの田村真子アナだった。表紙では朱色の袖なしワンピース姿で、色白の二の腕や細身のボディからこんもり盛り上がったバストラインを披露。グラビアでも胸元ザックリのピタピタニット姿で美脚を見せるなど、番組では決して拝めない色香を放っている。グラビア誌編集者が評するには、

「彼女は以前にも複数の週刊誌グラビアに登場していますが、撮影に慣れたのか、今回はより表情が柔らかく自然になり、ノリノリで臨んでいる様子が伝わってきます。もともと自分の可愛らしさを十分に認識しているんでしょうが、そんな自信を全開アピールしているように見えますね」

 田村アナは入社6年目。当初こそ早朝のニュース番組を担当した時期があったが、最近の報道系出演はほとんどが単発か代役。もっぱらバラエティー枠が専門となっている。TBS関係者が言う。

「父親が元厚労相の田村憲久衆院議員ということもあって、報道でメインを張らせるのは難しいのかも。21年3月から担当する情報バラエティー『ラヴィット!』のMCは、一気に彼女の知名度を上げましたね」

 その勢いのまま、4月16日放送の特番ドラマ「TOKYO MER」にゲスト出演。4月30日の日曜劇場「ラストマン-全盲の捜査官-」にも「女優」として登場している。TBS関係者が続ける。

「演技に全く違和感がなく、女優としても十分にイケると、テレビマンの評価は高いですね。芸能界入りして司会も演技もできるタレントとして売り出せば、引く手あまたでしょう。少なくともほぼ『ラヴィット!』1本の現状より、可能性は広がると思いますよ。今回の生き生きしたグラビアから、彼女の中に少なからずそんな願望があることに期待を持ってしまいます」

 確かにこのままではもったいなかろう。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鹿島とも子「オウム真理教に入信・出家」で払った「逮捕されて懲役2年」の代償/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
元木大介が「とてもじゃないけど話せない」と口ごもる巨人コーチ時代の舞台裏
3
【悪夢再び】中国がクラスター大流行をひた隠す「謎の肺炎」がヤバイ…中国人観光客を直ちに制限せよ!
4
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
5
みちょぱが「何なんすか?アレ」疑問を投げた「芸能人が子供を私立に入れたがる理由」