スポーツ

岡田監督ご満悦!首位快走・阪神タイガース「得点力と四球数」勝利の法則が爆発中

 阪神タイガースは5月23日のヤクルト戦(神宮)に、6-3で勝利。3連勝で、貯金は今季最大の12とした。

 この日は3番のノイジーが本塁打を含む2安打5打点の大活躍だったが、その原動力は1番・近本光司と2番・中野拓夢の選球眼にあると、スポーツ紙デスクは言う。

「この日は近本、中野がともに2四球を選びました。3回は先頭打者の8番・木浪聖也が二塁打で出塁すると、近本が四球、中野がヒットで満塁とし、ノイジーの先制2点タイムリーを呼び込みました。1点差に迫られた7回には、先頭の近本、中野が連続四球を選ぶとノイジーが3ラン。木浪も含め、塁に出る人が出て返す人が返すという理想通りの攻撃ができたといえます」

 野球解説者の谷佳知氏は「デイリースポーツ」のコラムで、次のように評した。

「1、2番が塁に出ることで、中軸が走者を返すという仕事に専念できる。役割分担が打者の心にも余裕を生む」

 今季20個目の四球を選び、既に昨季の四球数を超えた中野については、

「打席でのしぶとさを感じる。昨年は少し荒さもあった印象だが、今年は粘りも出てきて淡泊さがなくなった」

 岡田彰布監督も「昨年1年分(の四球)を超えたんやろ」と、守備も打撃も確実に成長しているWBC戦士にご満悦だ。

 近本はヤクルト・村上宗隆と並んで、セ1位の27四球。阪神の大山悠輔、佐藤輝明に続いて、中野が5位の20四球。チーム167得点はDeNAに続いて巨人と2位タイで並んでいる(いずれも5月23日時点)。

 守備力、得点力の向上と12球団随一のピッチングスタッフの働き。現在の阪神に「アレ」への死角はなさそうなのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
阿部慎之助は「戦犯扱い筆頭」元木大介は原監督と「亀裂」ダメ巨人で始まるコーチ陣大粛清
2
ロンブー淳がアンチに「直接話そう」公開した携帯電話番号にかけたら「生配信」されるかも
3
今年のプロ野球ドラフトは「大学生投手の大豊作」で花巻東・佐々木麟太郎を敬遠する球団が出た
4
「桑田派」巨人・大勢をにわか仕立てで潰す気か!「桑田真澄を1軍投手コーチに戻せ」という投手陣の叫び
5
水卜麻美・井上清華・渡邊渚「体調不良」で女子アナが続々ダウンする「昼夜逆転」生活の限界