芸能

堀北真希 強気な態度に変化が起きている理由

20140908horikita

 堀北真希(25)といえば、今や日本を代表する人気若手女優として映画やドラマ、CMに引っ張りだこ。今年7月に「ニホンモニター」が発表した「2014上半期CM起用社ランキング」の女性部門で2位にランクインするなど、“好感度女優”として名を馳せている。

 一方、プライベートに関しては、一部で嵐・櫻井翔との熱愛が報じられたが‥‥。

「2人ともプロ意識がことのほか高く、ストイックな優等生キャラとあり、まさにお似合いのカップルなんじゃないですか。櫻井といえば、かつてルールを守らない熱狂的な追っかけファンに傘を投げつけたのは有名な話ですが、堀北も身内のスタッフにはかなり当たりが厳しいですからね。おとなしそうな顔をして、少しでも仕切りが悪かったりすると一転して、キレて叱責したりするそうです」(芸能プロダクションマネジャー)

 そんな堀北の“無類の気の強さ”については、こんなエピソードまで飛び込んできた。

「彼女は以前、NHK大河ドラマ『篤姫』に出演した際も、主演を張る宮崎あおいとのバトルが噂になりましたけど、そればかりか、同じ所属事務所の同期で下積み時代には寮生活も供にした、かつての“盟友”黒木メイサとも少し前に仲違いをしましたからね。理由は、堀北が男遊びの激しいメイサを説教したことで、最初はおとなしく堀北の話に耳を傾けていたメイサも、あまりに上から目線の説教をされて、ついに堪忍袋の緒が切れたと言われています」(広告代理店関係者)

 相手が人気者だろうが、親友だろうが、一歩も引かず強気な態度を見せる女王様気質の堀北だが、最近になってある変化が起きているという。

「昨年末あたりからかなり丸くなって、現場でもスタッフと冗談を言い合ったりすることが増えたようです。周囲は『女優としてある程度の地位を築いたから余裕が出てきたのでは?』なんて分析しているようですが、もしかすると櫻井との順調な交際が関係あるのかもしれませんね。公私ともに絶好調となれば、そこまでピリピリすることもないですから」(前出・芸能プロマネジャー)

 ホマキの勢いはまだまだ止まらない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」