政治

ついに「神頼み」を始めた断末魔プーチンが「シベリアから占星術師とオカルト専門家」も呼び寄せて祈祷を!

 ウクライナによる反転攻勢に加え、反プーチン派による内乱と、まさに四面楚歌のプーチン大統領。そんな中、プーチン大統領が突然、ロシアで最も有名な宗教画である「聖三位一体」を、モスクワの美術館から救世主キリスト大聖堂に移設するとして物議を醸したのは、6月3日のことだ。

 この宗教画移設をめぐっては、反対を表明していた大聖堂司祭が突然、心臓発作で入院したと報じられるなど、様々な憶測を呼んだが、専門家らの強い反対を押し切り、プーチン大統領が美術館から総本山へと強制移転させた。

 その理由をめぐっては「断末魔のプーチンがついに、神頼みを始めた」との声も多い。ロシア情勢に詳しいジャーナリストが解説する。

「プーチンはこれまでも、体力や精神力維持のため、定期的にシカの血を浴びる魔術的儀式を執り行ったり、極寒の湖で沐浴するロシア正教伝統の荒行に挑むなど、独自の精神世界の持ち主であることが知られてきました。ところがウクライナ侵攻後、特に苦戦が報じられるようになってからは、オカルト的思考が強くなり、昨今ではシベリアから占星術師や超常現象に精通するオカルティックな人物をクレムリンに呼び集め、祈祷しているという話が伝えられています」

 プーチン大統領のオカルト思考をより増幅させているのが、最大の盟友とされるユーリー・コワルチュクという人物だった。このジャーナリストが続けて言う。

「コワルチュク氏はプーチンと同じサンクトペテルブルク出身で、歴史学者の両親を持つ元物理学者です。ソ連崩壊後に当時の副市長だったプーチンと知り合い、金融で大成功。現在は民間銀行『ロシア』の事実上オーナーで、さらに23のメディアを傘下に収める『ナショナル・メディア・グループ』を牛耳るメディア王として君臨しています」

 このコワルチュク氏は保守的で、大ロシア主義が極めて強い人物とされる。コロナ禍の最中、ヴァルダイの別荘で数カ月間、2人で「隔離生活」を送った後、プーチン大統領の言動が激変。それまで歩み寄りを見せていた西側諸国への態度を一変させ、「欧米の退廃した文明からロシアを守るのが我々の使命だ」と言い出して、ウクライナ侵攻を開始したとされる。

「そんなことから西側情報機関には、コワルチュク氏がプーチンを洗脳し、陰謀論的な世界観を刷り込んだ、との見方を示す専門家がいます。そこにプーチンが元々持っていたオカルト的思考が加わり、危険な思想を増幅させてしまったのだ、と」(前出・ジャーナリスト)

 オカルト思考の大ロシア主義となれば、もはや何をしでかすかわからないプーチン大統領だが、そんな危険人物が核のボタンを握る最高司令官であることは、紛れもない事実。最悪の事態が起こらないことを祈るばかりである。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 政治   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】