芸能

芸能美女たちの“ピンク過去”を総力発掘!「下積み時代編」(2)後藤真希の知られざるピンクシーン

20140925i_2

 女子アナに目を移せば、9月にTBSを退社する田中みな実アナ(27)は、女子大生時代に自主製作映画「マリアンヌの埋葬」で下着姿を披露している。

「行きずりの男とホテルで情事を終えたあとから始まる冒頭シーンで、田中アナが純白のブラジャーを身につける。推定Dカップの谷間もばっちり映っており、真っ白な美脚もそそられます」(芸能記者)

 露出が制限される女子アナではもの足りなかった?

 2年半の活動休止を終え、今年の春に芸能界復帰を果たした後藤真希(28)にも知られざるピンクシーンがあった。

「06年に放送された『松本清張サスペンス「指」』(日本テレビ系)では、大御所女優・萬田久子とのレズシーンを演じました。物語は売れない劇団女優がパトロンの女と関係を結び、のし上がっていくというもので、萬田にディープキスをされ激しくバストをもまれると、淫らな吐息を漏らしています」(アイドルライター)

 長澤まさみ(27)が、ジュニアアイドルだった14歳当時に発売したDVDも、今ではお宝となっている。

「無邪気な砂遊びなど、全編にわたりロリータな作り。水着の生地が薄いため“スジ”がくっきりと映っており、けしからんニオイが漂っています」(アイドルライター)

「グラビア界の黒船」と呼ばれ一世を風靡したリア・ディゾン(27)といえば、2年前に日本人男性と離婚し、昨年復帰を果たしたが、07年に発売したDVD「リア・ディゾンin USAGIRLS of 360」は衝撃的だった。

 英語で「馬とした」とブッ飛び発言。まさか本当に馬と!?

「他にも、『週刊ポスト』07年6月22日号のグラビアのカットに対して、北野誠がラジオ番組で『アレが見えている』と指摘し、騒動になったこともありました」(芸能記者)

 先頃、辻仁成との離婚で世間を騒がせた中山美穂(44)をトップアイドルに押し上げたのは85年のドラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)。あのミポリンが下着、半ケツは当たり前で、乳首にニプレスを貼って下着を脱ぐなど、その演出はまだ放送倫理がおおらかだった時代ならではのもの。再放送時にはヤバイシーンが根こそぎカットされていた。

 トップタレントは一夜にしてならず、なのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!