芸能

芸能美女たちの“ピンク過去”を総力発掘!「下積み時代編」(2)後藤真希の知られざるピンクシーン

20140925i_2

 女子アナに目を移せば、9月にTBSを退社する田中みな実アナ(27)は、女子大生時代に自主製作映画「マリアンヌの埋葬」で下着姿を披露している。

「行きずりの男とホテルで情事を終えたあとから始まる冒頭シーンで、田中アナが純白のブラジャーを身につける。推定Dカップの谷間もばっちり映っており、真っ白な美脚もそそられます」(芸能記者)

 露出が制限される女子アナではもの足りなかった?

 2年半の活動休止を終え、今年の春に芸能界復帰を果たした後藤真希(28)にも知られざるピンクシーンがあった。

「06年に放送された『松本清張サスペンス「指」』(日本テレビ系)では、大御所女優・萬田久子とのレズシーンを演じました。物語は売れない劇団女優がパトロンの女と関係を結び、のし上がっていくというもので、萬田にディープキスをされ激しくバストをもまれると、淫らな吐息を漏らしています」(アイドルライター)

 長澤まさみ(27)が、ジュニアアイドルだった14歳当時に発売したDVDも、今ではお宝となっている。

「無邪気な砂遊びなど、全編にわたりロリータな作り。水着の生地が薄いため“スジ”がくっきりと映っており、けしからんニオイが漂っています」(アイドルライター)

「グラビア界の黒船」と呼ばれ一世を風靡したリア・ディゾン(27)といえば、2年前に日本人男性と離婚し、昨年復帰を果たしたが、07年に発売したDVD「リア・ディゾンin USAGIRLS of 360」は衝撃的だった。

 英語で「馬とした」とブッ飛び発言。まさか本当に馬と!?

「他にも、『週刊ポスト』07年6月22日号のグラビアのカットに対して、北野誠がラジオ番組で『アレが見えている』と指摘し、騒動になったこともありました」(芸能記者)

 先頃、辻仁成との離婚で世間を騒がせた中山美穂(44)をトップアイドルに押し上げたのは85年のドラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)。あのミポリンが下着、半ケツは当たり前で、乳首にニプレスを貼って下着を脱ぐなど、その演出はまだ放送倫理がおおらかだった時代ならではのもの。再放送時にはヤバイシーンが根こそぎカットされていた。

 トップタレントは一夜にしてならず、なのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”