芸能

南明奈 「ノロケまくり交際」よゐこ・濱口にジャニーズ元カレが嫉妬?

20140925e

 アッキーナこと南明奈(25)と、よゐこ・濱口優(42)の交際があまりにも順調である。互いに関係を公言しているものだから周囲も祝福するのだが、この状況を好ましく思わない男もいるようで‥‥。

 南と濱口の交際が発覚したのは今年2月末のことだった。「女性セブン」に“焼き肉デート”のあとで2人が濱口のマンションに入っていく様子が掲載されたのだ。濱口はその直後に出演した「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で「つきあってます!」と連呼。南もブログで交際を認め、以後、何の隠し立てもなく熱愛が続いている。

「特に南は『堂々と交際宣言ができてうれしい』と話したのを皮切りに、イベントに登場するたび、自分からノロケ話をベラベラと語りだすんです。4月のウエディングドレスを着たイベントでは、『結婚のお話を具体的にしたことはないんですが、(彼は)“私がやりたい!”ということをしてくれる方だと思います』とまで発言していました」(スポーツ紙芸能担当記者)

 一方の濱口は、交際発覚当初こそ笑いを交えて話していたが、彼女とは違い、積極的に話すことは封印したようだ。ただし、その背景には濱口の気遣いがあったという。

「実は、濱口さんがレギュラー出演する番組にアッキーナの元カレが出演。新旧カレシが何事もなかったかのように共演を果たしているんですよ」(テレビ朝日関係者)

 その番組というのは、毎週火曜日深夜に放送されている「キス濱テレビ」(テレビ朝日系)。同番組は12年10月に「キス濱ラーニング」としてスタートしてから名前を何度か変えて現在に至っているが、出演者は変わらない。濱口とともに冠番組として出演しているのは、ジャニーズアイドル・Kis‐My‐Ft2(以下キスマイ)である。そして、同グループの玉森裕太(24)こそ、南の元カレだというのだ。

「アッキーナと玉森は高校の同級生で、在学中から熱愛の噂は絶えませんでした。ディズニーランドや渋谷など、ツーショットの目撃談が多く、『おそろいのペアリングをしてる』と騒がれたこともあった。交際が取りざたされても双方の事務所は否定していましたが、12年になって再び復縁説がささやかれました」(芸能記者)

 つまり共演番組がスタートした頃は、まだ濱口と南はつきあっておらず、玉森と南が交際していた可能性もあった時期である。とはいえ、当初は共演する2人にしがらみはなかった。テレ朝関係者が言う。

「そもそも濱口さんは気さくですから、キスマイのメンバーたちとは打ち解けている。だから番組も好評で、長く続いてきました。今年の春、アッキーナとの交際報道が出たあと、濱口さんは玉森に気を遣っていたようですが、2人は必要以上に会話を交わさないようになり、不自然な空気が流れるようになった」

 結果、ついに玉森が周囲に自身の思いを吐露するようになったというのだ。

「玉森さんは再三にわたって『濱口さんとの共演が耐えきれない』とジャニーズの幹部に訴えていたそうです。とはいえ、初めのうちは事務所の幹部も仕事と割り切るように考え、今年4月から現タイトルに変更されることも決まっていたため、その直訴を却下していたといいます。ところが、ここへきて玉森さんも限界のようで、テレ朝サイドと話し合うことになり、本格的に“濱口外し”が検討されることになった。早ければ10月、遅くても年内いっぱいで濱口さんが降板、番組名が再び改題される見通しです」(テレ朝関係者)

 不可抗力とはいえ、新旧カレシの心苦しい関係性には、南も困惑していることだろう。困難な状況でも育んでいる愛は成就するか。

 芸能評論家の三杉武氏が語る。

「これまで玉森の他にも複数の男性との噂が流れたアッキーナですが、収入も包容力もある濱口は結婚相手として魅力的なはずです。2人は芸能界の大先輩・和田アキ子の誕生日パーティで出会って交際に発展した経緯もあり、本気でなければつきあえないでしょう。彼女の仕事量も落ち着いているようですし、早ければ年内結婚もあるのでは」

 濱口が「めとったど~」と叫ぶ日は近いか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
2
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
3
女子アナ「仁義なき契約更改」(1)NHK・桑子真帆は「NHKの顔」に返り咲き
4
太川陽介は「バス旅Z」を観ていない!?衝撃発言の理由
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)