政治

岸田総理が「100兆円規模」ウクライナ復興に前のめりの「思惑」と「無策」

 6月6日にウクライナ南部で起きたダム決壊による洪水を巡り、ゼレンスキー大統領と緊急電話会談をした岸田文雄総理。そこでは来年早々、ウクライナ復興会議を日本で開催できる用意がある旨を伝えたという。

 ロシアとの戦争が終結もしないうちにもう復興の話かと違和感を抱く人もいるだろう。しかし終結まで待っていては、仮に勝ったとしても約3700万人のウクライナ国民が路頭に迷う危機にさらされる。そのため今から準備が必要ということだ。将来のウクライナ復興に向けての会議は、これまでもスイスなどで開かれ多くの国々が参加してきた。

 ただ、それを今度は日本で行うことに岸田総理が前のめりなのには、狙いがあるという。霞が関関係者が言う。

「今年G7議長国を務めた日本だけに、復興でもリーダーシップを取りウクライナに寄り添いたい思いだ。だが、もう一方で総理の本音としては、『ゼレンスキー効果よ、もう一度』もある」

 岸田政権は以前、安倍元総理の国葬や旧統一教会問題、閣僚の相次ぐ辞任で支持率が急落し、崖っぷちに追い込まれた。それが再び息を吹き返したのは、岸田総理のウクライナ訪問とゼレンスキー氏の電撃来日の影響が大きい。

「来年総裁選を迎える総理にすれば、ウクライナ復興会議でもう一度ゼレンスキー効果の2匹目のどじょうを狙って当然の話」(前出・霞が関関係者)

 しかし、こうした動きに自民党内からは懸念も出ている。党関係者の話。

「ウクライナの復興には100兆円規模という莫大なカネがかかる。それをどうするかが大きな問題。欧米はこれまで武器支援で相当なカネを使い復興資金には腰が引けた状態。それだけに、武器支援できない日本への期待値は高くなる。しかし、国内を見れば防衛費の大幅増額分や少子化対策の財源をどうひねりだすかでアップアップ。ウクライナや欧米に応えるだけの策と力があるか疑問だ」

 掛け声だけの復興会議となれば、ゼレンスキー氏らの岸田総理、日本への期待感も一気に萎み、その先の総裁選にも影響しかねない。「ゼレンスキー効果」狙いが見事に裏目に出る可能性はある。

(田村建光)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題