社会

政府対策はアテにならない!「熱中症」を回避する「今からできること」

 まだ日本列島の大半が梅雨とはいえ、陽が差すと猛烈な暑さが襲う時期となった。となると、怖いのが熱中症である。

 2030年に熱中症による死亡者数の半減を目指す──西村明宏環境相はそう宣言し、政府は4月末に成立した改正気候変動適応法に基づく「熱中症対策実行計画」を初めて作成。閣議決定しており、関係府省庁が連携して今夏から対策を強化するというが、事はそう甘くはない。

 熱中症による死亡者数は昨年までの5年間平均で1295人と1000人超。今年も5月1~21日の時点で熱中症による救急搬送者は全国で2566人にのぼり、昨年同期間の1042人に比べ約2.5倍となっている。

 ただ、今回打ち出された「対策」の概要は、高齢者や子どもなど熱中症のリスクが高い人を念頭に、福祉関係の団体などに「見守り協力」の要請、産業界に予防のための商品開発を依頼、学校のエアコン設置の取り組み強化と、何とも頼りない。

 結局、自分の身は自分で守ることが重要になってくるが、医療関係者によれば、

「体を暑さに慣れさせる『暑熱順化』を実践すれば、死亡リスクは確実に減ります。これから本格的に気温が上がり熱中症の危険が高まる前に、無理のない範囲で汗をかくことが大切。日常生活の運動や入浴で、体を暑さに慣れさせるのです」

 まだ暑さに慣れていないこの時期については、

「気温が高くなる日の活動では屋外でも室内でも体調に敏感になること。めまいや顔のほてり、体のだるさや吐き気、筋肉痛や筋肉のけいれんなどに気付いた場合は涼しい場所に移動して体を冷やし、水分や塩分を補給する。症状が良くならない場合は、医療機関を受診することです」(前出・医療関係者)

 今のうちに「暑熱順化」を意識しよう。

(蓮見茂)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」