スポーツ

エンゼルス・大谷翔平「メジャー三冠王」への道(2)最大のライバルは吉田正尚

 それでは、個別のタイトルについて見ていこう。まずは期待値が最も高い本塁打王だが、MLBに詳しいスポーツライターの友成那智氏は大谷に太鼓判を押す。

「私は80%以上の確率で、大谷が本塁打王を獲ると思っています。対抗馬はやはり、現在19本でホームランダービー2位につけるヤンキースのジャッジでしょうが、すぐ戻ってくると思われたケガからの復帰が、結局、シーズン後半戦開幕の7月15日になりそうですからね」

 7月9日の前半戦終了までに本塁打数を上乗せできれば、ジャッジを突き放すことができるのだ。またその他の上位陣は、大谷、ジャッジと比べたら役者が不足している。

「3位のルイス・ロベルト・ジュニア(25)=ホワイトソックス=はキューバ出身のフリースインガーで、ボール球でもブンブン振り回します。吉田正尚(29)=レッドソックス=の同僚で4位のラファエル・ディバース(26)も、シーズンで40本以上打ったことがありません」(友成氏)

「MVP対決」を制すれば、大谷に初の主要打撃タイトルが見えてこよう。

 続いては、現在3選手が1位に並び、熾烈な争いをしている打点部門だ。

「残る2人のうち、レンジャーズのアドリス・ガルシア(30)は除外でいいでしょう。キューバ出身で一時期、巨人にも在籍していましたが、例年、後半戦に息切れして成績を落とすからです。注意すべきは、先ほども名前を挙げたディバースですね」(友成氏)

 その理由には、吉田の存在が大きく関わっていると言う。友成氏が続ける。

「レッドソックスで吉田は2番、ないし3番を任されることが多い。ディバースはチームの4番。つまり吉田の出塁が、おのずとディバースの打点のチャンスにつながるのです」

 今春のWBCでは侍ジャパンの大谷&吉田の3、4番コンビが猛威を振るったが、MLBの舞台では、吉田が壁となって大谷の打点王の前に立ちはだかっているのだ。

「大谷は打点を稼ぎづらい2番打者ですし、正直なところ、本塁打王よりも取りこぼす可能性は大きいでしょう。それでも今季の活躍を見れば、打点王の確率は50~60%ぐらいあると思います」(友成氏)

 二冠王達成はかなり現実的な目標といえるが、最後に残る最難関の首位打者争いの行方は微妙だ。今季の大谷は3割をベースにいったりきたりしている。

「大谷は元来、2割7分前後が基本のバッターです。しかし、今季から採用された『シフト禁止令』の恩恵を受けて、3~4分程度は打率が上がるだろうとみられていました。今のところは予想どおりの成績と言えます」(友成氏)

 昨季までは左打者の大谷の打席で、一、二塁間に内野手が3人集まる極端な守備シフトが敷かれていた。それが禁止されたことで、引っ張ったゴロがライト前ヒットになるケースも増えている。それに加えて、

「ナ・リーグの打率トップは4割近いですからね。ア・リーグは現状、3割2分ぐらい。おそらく後半戦ではもう少し落ちるでしょう。最終的には現在、打率4位の吉田が最大のライバルになることも十分ありえます」(友成氏)

 首位打者のカギを握るのは「レッドソックス打線」ということになりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」