芸能

高田純次「じゅん散歩」挨拶ボケ大暴走に「テロップ解説」という非テキトー対策

「日本一のテキトー男」の異名を持つ高田純次。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)時代から今日までその芸風は変わることなく、76歳の今も「テキトー」を貫く。現在、その勇姿は月曜から金曜の「じゅん散歩」(テレビ朝日系)、金曜の「午後もじゅん散歩」で見ることができる。

 高田といえば、なんといっても挨拶ボケだ。店に入った時など「どうも。私、テレビ朝日の『じゅん散歩』で来ました○○○○です」と、自分の名前ではなく「坂本龍馬です」とか「ブラッド・ピットです」というように、別人を名乗って笑いを取るのがお馴染みのパターンだ。

 近頃、ついにそのボケのネタが尽きたのか、はたまた高田のボケについていけない世代が増えたのか、マニアックなボケに対し、解説のテロップが出るようになった。

 例えば「久我山」の回で「久我美子です」とボケると、「久我美子(昭和22年 映画「四つの恋の物語」でデビューした女優)」。「葛飾区水元公園」の回では、一眼レフカメラを持つ男性に「立木義浩です」とやれば「立木義浩(写真家) 朝ドラ『なっちゃんの写真館』のモデル・立木写真館の次男」というように。

 最近、高田のお気に入りなのが、アメリカのテレビドラマシリーズの「ロバート・スタック」(アメリカのテレビドラマ『アンタッチャブル』に出演)や、「ヴィック・モロー」(アメリカのテレビドラマ『コンバット!』に出演)。わざと難易度を上げているようなフシがある。

 そんな挨拶ボケで大暴走する高田をテロップでカバーする、スタッフの気遣い。おかげで高田も思う存分、ボケられるというものだ。

 地井武男の「ちい散歩」、加山雄三の「ゆうゆう散歩」に続く、散歩シリーズの第3弾「じゅん散歩」。2015年9月の放送開始からすでに7年が経過したが、高田にはまだまだ「テキトーに」頑張ってほしい。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」