芸能

ryuchell自殺ショック! 女性ホルモンを打ったトランスジェンダーの「危ない衝動」告白

 それは死の数日前のことだった。「何もないのに涙が出てくるとか…」と、ryuchellがラジオ番組で明かしていたのだ。

 7月12日に東京・渋谷区の所属事務所で、意識のない状態で倒れているryuchellをマネージャーが発見し、その後に死亡が確認された。現場の状況などから警視庁は自殺として捜査を進めているが、「女性ホルモンを打ちすぎたせいではないか」との指摘が出たことには、ラジオ番組でのこの発言が大きく関係しているようである。

 岡山大学病院の調査によれば「自分の性別に違和感を抱く」人達の自殺願望はなんと、回答者の68%に達している。自傷行為や自殺未遂の経験者は20%超だ。

 もともと自己否定感や自殺願望を抱えている上に、ホルモン治療を始めると精神的に不安定になり、自殺率は高くなるという。都内の女装バーで働く20代の男性が語る。

「以前、ニューハーフバーで働いていた時に、先輩のお姉さんから『女性ホルモンを打つと鬱っぽくなるから、やめたほうがいい』と忠告を受けたことがあります。実際にお姉さんの周囲にも、女性ホルモンを打ってメンタルが不安定になり、自ら死を選んだ人が多くいたそうです。私も女性ホルモン注射を考えたことがあるのですが、それで思いとどまった。そうしたデメリットなどから、最近は『体はなるべく変えない』というトランスジェンダーの若者が増えているように思います」

 ひと昔前は、性自認が女性で法律上の性が男性のトランスジェンダーは、女性ホルモンを投与した後に性転換手術を受け、ニューハーフの店などで働くのが一般的だったという。ところが最近は、その働き方が変わってきているようで、

「多様性の時代になったとはいえ、性転換手術を受けたら女性の仕事に就けるのかといわれたら、日本はまだまだなんですよね。就職先不足という面でも、最近は性転換手術を受ける人は減っていると思います。私も含め、男性として就職して、週末だけ女装の店で働く…というケースが多いみたいですね」(前出・女装バーで働く男性)

 日本はまだ遅れている、といわれるジェンダー問題。Z世代の若者の代表として、ジェンダー平等を訴えていたryuchellが伝えたかったことではないだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し