スポーツ

ヤクルト・村上宗隆はどれだけ不調でも「放置されっぱなし」で今シーズンを終えるベンチ裏事情

 眠ったままの「燕」はいつ起きるのか。ヤクルトの主砲・村上宗隆のことである。

 7月12日の中日戦では2打席連続本塁打を記録。弾丸ライナーで目が覚めるあたりだった。翌13日も、2打席目にライトスタンドへのアーチ。これで完全復活と思いきや、15日はヒット1本のみで、ホームランが飛び出すことはなかった。

 前半戦が終了した時点で、打率は2割4分2厘、16本塁打、49打点。「令和初の三冠王」ともてはやされた昨年の成績と比べると、明らかにペースが遅いどころの話ではない。セ・リーグ関係者が冷ややかな目で言う。

「3月のWBCに合わせてハイペースで調整した結果、完全に調子が狂ったままシーズンに突入しましたね。昨年、あれだけの成績を残したので厳しいインコース攻めもあり、なかなか自分のバッティングをさせてもらっていない。中日戦で快音連発? 140キロ台半ばの『チャンスボール』がたまたま来たから打てただけ」

 チームとして手取り足取り教えればいいのだが、そうもいかない事情がある。

「どんな名監督よりも実績を作っちゃいましたからね。高津臣吾監督、コーチ陣は村上に嫌われたくないから、積極的に厳しいことを言わないのです」(球団関係者)

 今シーズンは「放置プレー」で終了の様相だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」