芸能

矢口真里 “10月末”復帰計画の一部始終(1)「めちゃイケ」で復帰前哨戦

20141016a

 さる出版コーディネーターが、元「モーニング娘。」メンバーの矢口真里(31)が現在置かれている状況についてこう明かす。

「あの一件がなければ、料理のレシピを中心とした単行本の発売が決まっていたんです。それが頓挫したことで、その大手出版社には“借り”がある。復帰となったら、ここから何らかの本を出さないと義理が返せない」

“借り”を返せるほどの売り上げが見込める本となれば、それは初の「ヘアヌード写真集」にほかならない──。

 矢口が自宅に「間男」を連れ込み、それが夫に目撃されるという前代未聞の不倫劇が起きたのは、昨年5月下旬のことだった。直後に矢口は「目撃者」である夫の俳優・中村昌也(28)と離婚。バラエティでブレイクした中村に比べ、矢口は1年以上も表舞台への復帰を見合わせたままだ。

「離婚後も間男であるモデルの梅田賢三(26)との関係継続がバレてしまい、そのことでマスコミから執拗に狙われ、さらに対人恐怖症に拍車がかかってしまった」(芸能レポーター)

 時折、写真誌に「無期限休業中」の姿を撮られ、ストレス太りで、現在はさらに5キロの体重増。

「自宅も引っ越して、家でLINEのゲームに没頭しているようです。外出するのも、近所のレンタル店に好きな韓流ドラマのDVDを借りに行く程度」(芸能レポーター)

 そんな“引きこもり状態”に最近変化が起こった。9月13日にオンエアされた「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に、名前こそ出さなかったものの出演。地上波では1年4カ月ぶりの“プレ復帰”となった。

「番組は8月30~31日に行われたインターネット番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』の総集編としてオンエアされました。矢口とはモー娘の同期で、親友の間柄の保田圭(33)が携帯から電話をかけた。それに折り返しで矢口から電話があり、代わって話した岡村隆史(44)が『元気か? 元気やねんな?』と語りかける様子が映りました」(スポーツ紙放送担当記者)

 残念ながら矢口の声は電波には乗らなかったが、岡村との会話の内容や、保田の携帯からかけたことなどから「矢口で間違いない」と見られている。

「かつて20%以上の高視聴率を誇った『めちゃイケ』も、今年の5月以降は1桁の低視聴率が続いています。そのカンフル剤として、矢口の復帰を目玉にしたいようです」(放送作家)

 そして9月30日、日刊スポーツ紙にこんな見出しが躍ったのだ。

〈矢口真里、早ければ10月末にも復活したいの〉

 いよいよ水面下は急展開しているようだ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
3
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
4
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
5
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!