スポーツ

「横浜VS慶応」微妙判定で上地雄輔が訴えた高校野球「リプレイ検証」導入の現実味

 元高校球児でタレントの上地雄輔が、高校野球に「リプレイ検証」の導入を訴えた。

 上地は7月26日に横浜スタジアムで行われた高校野球神奈川大会決勝の「横浜対慶応」の試合を現地で観戦。9回無死一塁で慶応の丸田湊斗選手が打った球が二塁正面へ飛び併殺の流れになったが、横浜の遊撃手・緒方漣選手が二塁ベースを踏まずに一塁に送球したとして、審判から「セーフ」と判定された。横浜は二度にわたり抗議したものの、受け入れられず試合は続行。その後、横浜のエース・杉山遥希投手が逆転の3ランを浴びて5-6で敗れた。

 ネット上ではこの直後から、緒方選手が二塁ベースを踏んでいるかいないかを検証する動きが活発化。実際は限りなく微妙な判定なのだが、動画を見た多くが「二塁ベースを踏んでいる」として「世紀の大誤審」とまで騒がれている。

 上地は横浜高校で松坂大輔の捕手を務めていたこともあり、選手の悔しい思いが伝わってくるのだろう。SNSで「高校野球にもリプレイ検証を導入してあげてください」と訴えたのだった。

 スポーツライターが語る。

「プロ野球では以前は同じ場面でベースから足が早く離れていても、タイミングや流れでアウトとされていましたが、2018年から『リクエスト』が導入され、より厳密に判定されるようになりました。もっとも、リプレイ検証を導入するとなると球場にそれだけのカメラと設備を設置しなければならない。甲子園の本戦ならまだしも、地方予選で同じ環境を整えるのは現実的ではありません」

 上地は自身の高校時代にも9回の審判のジャッジから流れが変わって逆転負けしたことがあるといい、

「急に子供の人生が変わります。俺みたいにとは言わないけど、本当に1プレイで急に進路や未来や野球の道が途絶える事があります」

 とも訴えているが、それも人生教訓として活かすしかない。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴