スポーツ

なでしこジャパン中継でNHKが完全非公開にした放映権料のモヤモヤ感

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)オーストトラリア・ニュージーランド大会で日本代表「なでしこジャパン」は1次リーグ2連勝で4大会連続決勝トーナメントの進出を果たした。

 熊谷紗希主将は、

「チーム全員が試合に出る準備がしっかりできている。この点はどのチームよりも自信がある」

 と雰囲気の良さも指摘している。

 ほぼ絶望的だった大会のテレビ放送だが、開幕1週間前にNHKが行うことが発表された。大会を主催する国際サッカー連盟(FIFA)が女子W杯の放映権料の大幅アップを世界各国のテレビ局に通達。日本の各局への提示額は男子のW杯カタール大会で日本側に提示した約350億円の3分の1となる116億円とみられていたが、サッカー担当記者によれば、

「FIFAとNHKは昨年末の段階で放送することが内定していましたが、一度ご破算になった。にもかかわらずNHKに決まったのは意外でした」

 7月26日、NHKで定例メディア総局長会長が行われた。その席で中嶋太一理事は、

「世界に注目されて、国民的に関心が高いスポーツを視聴者にお届けするのは公共メディアのひとつの役割」

 として上で、「交渉のプロセスはお答えできない」と放映権料も価格も含め全てを封印している。

 NHKは2022年度(単体)の決算で4年連続減収しているが、何かと話題の受信料収入だけで年間6700億円とあってスリム化には「表向き」邁進中だ。昨年10月には「(2021~23の)経営計画」の修正案を発表。ここでは「スポーツ報道の放映権料」についてこの3年間で150億円(設備投資など固定経費への斬り込みという名目)を削減目標にしている。

 一方、大河ドラマ1話の制作費は7900万円もかけているとされ、毎年30億円以上も投入しており、年末の紅白歌合戦の制作費は完全非公開。なでしこジャパンの奮闘には大いにエールを送りたいところだが、受信料の使い方に関してのモヤモヤは増すばかりである。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?