エンタメ

3連単を2発的中で「盛岡八幡宮の勝守」のご利益は…/日本全国「旅打ち行脚」~盛岡競馬(下)

 8月1日、盛岡競馬6日目。3Rから馬券を買い始め、6Rまで連続ドボン。やはり一筋縄ではいかない馬場だ。ひと休みし、後半戦に備えて、場内の屋台村を覗いてみる。

 屋台村は5店舗が軒を連ねる。有名なのはジャンボ焼鳥だ。元祖「鳥喜」と「おおにし」で売っている。デカい。どちらも鳥ももの大きな塊を2つ、ドンドンと串に差して焼き上げる(写真は鳥喜のもの)。2串食べたら1回分の食事といっていい量だ。味変のタレのメニューも豊富で、若い人に喜ばれそうだ。

「アオハル」に「3連単セット」というソソるメニューがあったのでお願いしたら、そばとおいなりはあるけど、夏なのでおはぎがないとか。残念。そこで「春ママ食堂」で有名な盛岡の冷麺とひと味違う、中華冷麺をお願いする。焼鳥とこれで、もうお腹がいっぱいになった。

 7R「騎手候補生大大大大大募集特別」は1600メートル、ダート左回り、C1クラス、6頭立て。「大」5つとは、競馬界の騎手募集でかなり力が入っている。

 地方競馬はできれば小頭数で絞り切れるレースがいいが、このレースがまさにそれ。JRAから岩手に復帰した①メイショウムートで堅いレースで、2着は⑤ラウジーか⑥ブライティアセルバのどちらか。紛れがあっても3着②リチェルガか、④エイシンニアルコス。①⑤⑥のボックスを買ってから1・2着①⑤に3着②④の3連単フォーメーション馬券を各500円。結果は3連単①⑤②2820円だった。これで片目が開いた。

 8Rはアタマを外してドボン。9R「スプリント特別」は、どんぐりの背比べのような10頭立ての競走。あれこれ迷って、スタンド2階の外、右寄りにあるバルコニーから、正面に見えるパドックで馬を眺めてみたが、見当がつかない。そこで3連単①④⑤⑥⑦のボックス各100円で6000円。結果は①④⑥で、3連単1万5710円を的中。

 10Rからは難解なレースが続いた。10Rと11RはJRAと地方競馬の若手ジョッキーの交流戦「YSJトライアルラウンド盛岡」の第1戦と第2戦だった。

 初騎乗の馬が多いので、前走の成績はアテにならないだろう。騎手、トレーナーなどのランキングも参考になりそうにもない。それに10Rも11Rも、出走馬にそれほど力の差があるとも思えない。そこへもってきて、高低差が激しい馬場である。どうする?

 それでもフォーメーションの1着3頭の選択は正解だった。だが、2着と3着に買おうと思っていた⑫をなぜか2着から消して大失敗。配当は3連単4万7300円だった。痛恨!

 11Rは10Rで1着だった永野猛蔵騎手の⑧ガマンの絡みで。若手が調子の波に乗ったらもう一丁、というのはよくある話。この読みはドンピシャだった。ところが2着でも買うつもりだった⑨を、3着でしか買っていない。3連単7万1250円。天を仰ぐ。

 12Rは堅いと思われた本命が4着に沈んで、3連単58万1560円の大万馬券に。もっとも、こういう予想無用のようなレースは、ハズレても諦めがつくけど。

 4月に行った水沢競馬では、中尊寺で買った源義経の勝守のご利益があった。この日の盛岡八幡宮の勝守は…。4月・水沢、8月盛岡の収支は12万2550円の払い戻しで、プラス5750円だった。

 さて、盛岡で何を食べるか。冷麺は競馬場の中華冷麺で十分だ。勘だけを頼りに立ち寄ったのは、駅前の「すしげん」という店である。

 この店の岩手沖で獲れるホヤの刺身は新鮮で、これまで食べた中でも最も身厚だった。マンボウの腸(胃袋?)もあった。湯葉のような柔らかい身を、薄味の酢味噌で。マンボウは定置網に引っかかることがあるそうで、獲れた時だけのメニューだ。さらに、カツオ、タコ、赤身…。店選びはズバリ的中だった。

 この日は盛岡のさんさ踊りの初日。カウンターの家族連れの話を聞きながら、小さな声で「ふるさとの訛なつかし停車場の~」。そして日本酒をクイックイ。

 帰りは駅ビルで買った酒とツマミで、いつもの「居酒屋新幹線」の2時間になった。みちのく一人旅、これにて終了。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ