スポーツ

【Jリーグ】神戸「天王山」勝利で初優勝へ前進した「勝ちきれない」夏場からの進化

 ヴィッセル神戸は悲願のJ1初優勝に一歩近づいた。

 9月29日に行われた首位・神戸と昨季の王者2位・横浜Fマリノスとの天王山。神戸は前半に大迫勇也のPKと武藤嘉紀のヘッドでリードし、後半は横浜FMの攻撃を全員で守り切り2-0で勝利、勝ち点差を4に開き首位を守った。

 この試合の神戸は、3トップの真ん中に大迫、本来右ウイングの武藤を左に、そして右に飯野七聖を置いた。飯野はこの試合が今季3度目の先発出場で、元々は右サイドバックの選手。

 この飯野の起用が当たった。横浜FMの攻撃の大きな武器であるエウベル、永戸勝也の左サイドを、酒井高徳と共に封じた。守備ではエウベルを酒井とふたりで自由にさせず、攻撃では武器であるスピードを活かし永戸と勝負。3度目の先発とはいえフル出場し、終わってみれば両チームトップの走行距離とスプリント回数を記録。吉田孝行監督の起用に応え、期待以上の結果を残した。

 前節のセレッソ大阪戦でも、吉田監督の選手起用が当たっている。インサイドセンターの佐々木大樹を左ウイングに置き、C大阪の攻撃の起点ともなる右サイドバックの毎熊晟矢をケアさせた。佐々木は毎熊の攻撃を抑えるどころか決勝ゴールまで決めている。

 神戸のサッカーは、まず相手の良さを消す。そこから自分たちの攻撃に繋げる。そのポイントとなっているのが大迫。常に攻撃の起点となっている。彼のポストプレーから攻撃が始まるといっても過言ではない。横浜FM戦でもエドゥアルドとの対決が注目されたが、大迫の勝ちだった。わかっていても止められない。それが今の大迫のポストプレーだ。あそこにボールが収まり、そこから神戸の攻撃が始まる。

 そして、前節のC大阪戦から、90分間全力を尽くしてチームのために最後まで走り続ける神戸のサッカーが復活した。8月になって勝ち切れない試合が続いたが、ここにきてチームのために全員が走りだした。

 終盤にきて、強い神戸が戻ってきた感じがする。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱