芸能

「テニスは運ゲー」西岡良仁フテ腐れ発言へのブーイングで交際相手・檜山沙耶が食らった「流れ弾」

 プロ男子テニスプレイヤー・西岡良仁が「ジャパン・オープン」シングルスにおいて米国のマルコス・ギロンに6-7、6-4、1-6で敗れ、初戦で姿を消した。

 試合は2時間45分にわたる激闘となったが、西岡は第2セットを奪ったものの最終セットは第3ゲームから5ゲームを連取されあっけなく敗戦。試合後の会見ではフードを被り両手をポケットに入れ、「10回やったら9回は勝つぐらいの内容。運が悪かっただけ。テニスは『運ゲー』だと思っている」などとフテ腐れた態度でコメントしていた。

「『勝負は時の運』とは言いますが、勝者ではなく敗者がそれを口にしてしまうと、アスリートとしては何とも滑稽に聞こえてしまう。素直に実力不足を認めない西岡に、ファンでさえもドン引きしています」(スポーツライター)

 西岡の態度にはネット上でもブーイングが飛び交っているが、一方で「流れ弾」の被害に遭ってしまったのは交際相手のお天気キャスター・檜山沙耶。

 檜山は7月に行われたウィンブルドン選手権で西岡の試合を観戦する姿が目撃され、その後、自身のSNSで交際していることを報告。それまで男性の影を一切見せていなかったこともあり、ファンが潮が引けるように去っていった。

「『弱者男性の姫』と持ち上げられていた檜山ですが、プライベートでは充実した恋愛をしていたのですからファンはかなりのショックだったことでしょう。それでも相手が大谷翔平のような好青年であれば納得して諦めるのでしょうが、西岡の場合は負けん気が強く感情を表に出すため、ケチをつけられやすい。ましてや今回のように実力不足を『運』のせいにするような態度で、そんな西山を選んだ檜山の評価まで急落しています」(前出・スポーツライター)

 檜山がどんな男性を好きになろうが自由だが、西山の醜態が露呈するたびにファンは複雑な気持ちになるのでは。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」