芸能

NHK大河ドラマ“トラウマ名場面”オール激白「秘宝館」〈脚本家・香取俊介「山河燃ゆ」〉柴田恭兵のド迫力詰問シーンに男泣き

 初めて太平洋戦争を描いた大河ドラマと言えば「山河燃ゆ」(84年)。松本白鸚、三船敏郎、鶴田浩二、沢田研二など、異例の豪華キャストでも話題となった本作の創作秘話をシナリオ担当の脚本家・香取俊介氏(81)が初めて明かす!

 ぼくはもともとNHKで外国語放送に関する仕事を担当し、しばらく経ってからドラマ番組制作班に異動になったんです。出版社でいうと編集者のポジションで、人気脚本家の先生から脚本を受け取る仕事でした。特に、市川森一先生と橋田壽賀子先生の担当になってからは大変でしたね。2人とも超の付く売れっ子先生でしょ。多忙の中、ウチの脚本を優先で書いてもらわないといけない。撮影スケジュールが差し迫って「もう次に撮影するための台本がない」とプロデューサーから泣きつかれた時、なんと、市川先生と一緒に脚本のアイデアを考えたこともありましたね。そこで初めて脚本の書き方を学びました。

 やがてぼくのところに直接脚本の仕事が来るようになったので、NHKを退職し、独立したんです。幸い、自分で言うのもおこがましいけれど、そこそこの売れっ子になって、各局で脚本を書いている時に、大河ドラマの話が来ました。さすがにこれは緊張しましたね。ただ、外国語放送の仕事をしている時に日系の人たちの苦労を見聞きしていたので、「これを書けるのはボクしかいない」という自負もあり、ありがたくお引き受けしました。

 それからがもう大変でした。最初は、市川先生との共同脚本でしたが、多忙な方なんで、書いたのは最初の5~6回と最終回かな。残りは、ぼく1人ですよ。何が苦労だったかといえば、あの豪華キャストですから、ひとりひとりの見せ場を作らなきゃいけない。それで、それぞれの役者が出演した代表作を片っ端から見直し、どういうシーンを描けば、その役者さんの演技の本領が発揮されるか、目の肥えた大向こうを唸らせることができるかまで考え抜いて書きました。だからぼくは「山河燃ゆ」で初めて脚本家の裏表すべてを知ったとも言えます。それだけ力を込めたので、ほとんどホテルで缶詰状態でした。当時まだ幼かった子供が妻に「パパいなくなったね。死んじゃったの?」と涙ぐみながら尋ねたそうです。いや、本当に死んだような状態で書いてましたけどね(笑)。あまりの忙しさで撮影現場にも行けないから、海外ロケの話も言われても「そんなこともあったな」と思い出すぐらいですよ。

 ドラマのシーンで印象に残っているのは、特高刑事役の柴田恭兵さんが、主人公の松本白鸚(当時幸四郎)さんに「スパイじゃないか?」と詰め寄るシーンです。貧しい農村出身の柴田さんが「お前らエリートとは違うんだ」という万感の思いで怒りを込めて詰め寄るシーンは、みずから書いた脚本とはいえ、涙がとめどなく流れてきました。そのくらい真に迫った演技でした。登場人物に感情移入しすぎて、執筆の段階から涙を流していたんですよ(笑)。後にも先にもあんな経験はないですね。

 それから数年後、NHKで日米合作のスペシャルドラマ「エドとハル」(94年)の脚本を担当しました。これが評判になって、大河ドラマにしようという話が持ち上がり、30枚ほどのプロットを書いて渡したんです。意欲があふれた時期でしたから、地方に移住し資料も大量に買って、準備万端でGOの合図を待っていましたが、局側の方針が変わり、結局、その作品は実現しませんでした。その時の興奮と落胆は今もよく覚えています。先日、その時の資料が出てきたんですが、読み返すと我ながら、たいへんに面白いんですよね(笑)。年齢が年齢ですから、最後まで書けるかどうかわからないですけれど、この作品、ぜひとも再挑戦したいと、今でも思っています(笑)。

 NHKさん、次作にぜひ検討してみては。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」