社会

11月から過熱!福袋争奪戦が絶望感だらけになったのは「悪質転売ヤー」のせいだった

 もう「福袋」を買うのには疲れた。11月27日はスターバックスの「福袋抽選発表会」だった。なにしろ前週末に来年の福袋をチェックしようとしたら、11月16日に抽選エントリーが終わっていた。11月初めといえば、まだ気温25度超えの夏日もあった。スタバでアイスコーヒーを飲んでいたのに「来年の福袋はどうしよう」なんて考えられない。

 スタバの福袋がまだ3000円と5000円、店頭で買えた2010年代は牧歌的かつサイコーにお得感があった。コーヒー豆2袋にドリップコーヒー、ドリンクチケット、ペアのマグカップやタンブラー、クマのぬいぐるみに何故かアイスクリープのディッシャーやコースターまで入って、5000円。自分の趣味に合わないマグカップやタンブラーが入っていても、同僚にプレゼントするほど心は満ちたりていた。ディッシャーはポテトサラダに使っている。

 ところが新型コロナのパンデミックを機に(スタバはコロナ前の2018年から)従業員が正月休みをとる時代の流れで、福袋は事前抽選という形になった。

 タリーズコーヒーやカルディコーヒー、ヨドバシカメラやビックカメラなどでも福袋の予約ないし抽選エントリーが始まり、11月末で抽選エントリーが終わったところも。

 大丸松坂屋や高島屋、楽天でも福袋のオンライン販売が始まり、ブラックフライデーのセールなのか福袋なのか、区別がつかない。さらに福袋の値段が1万円からに爆上がりし、見ているだけで疲れてしまう。

 おまけに11月からエントリーし、ボーナス前に1万円以上はたいて当たったと喜んだのも束の間、新年早々、受け取った福袋の中身が大ハズレだった時の絶望感といったら。

 ミスタードーナツのように、今でも事前に内容を告知、店頭販売にこだわってくれるショップもあるが、こちらも年末の朝から長蛇の列を覚悟しなければならない。

 こんなことになったのは、フリマアプリで福袋限定商品を転売する「転売ヤー」が現れてからだ。フリマアプリには毎年、各ブランドの限定トートバッグや限定商品が並び、福袋の代金1万円よりも高値がついている。そのブランドへの愛着、購買意欲なんてなくても、抽選に当たれば中身をバラしてフリマサイトに出品。1万円の元手を2倍、3倍に増やせる。家電量販店の福袋でiPhoneやプレイステーションが当たれば、転売で10万円以上儲かることも。ブランドに愛着もないから、福袋の中身に当たり外れもない。ますます転売ヤーが金儲けのために抽選エントリーして、欲しい人の当選確率が下がる悪循環だ。

 福袋抽選に当たった人には1月上旬に発送します…って。そんなの初売りでも福袋でもない。こうして新型コロナのせいでまたひとつ、季節の風物詩が消えてしまった。

(那須優子)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談