スポーツ

3連単4万3250円に地元ファンが「軽ハンが強か~」とつぶやいた/日本全国「旅打ち」行脚~飯塚オート(下)

 オートレースの多くはハンデ戦で行われる。飯塚オートでは11月22日から26日まで5日間開催の、GI開設67周年記念レースだった。日中のグレード開催だ。コースは1周500メートルで、5日目の優勝戦以外は6周3100メートル。通常は8車立てだ。出かけた3日目、11月24日は前から順に0ハンデの0線(ゼロ線とかゼロハンと呼ばれる)、10メートルのハンデ、20メートルのハンデにスタートラインが設定された。

 例えば10Rは0線が①1車、10メートルは②③2車、20メートルは④⑤⑥⑦⑧5車。アウトに向かって④⑤⑥⑦⑧と並ぶ。レース前には試走が行われ、500メートルの全速力タイムを5で割り、「試走タイム」として場内などに表示される。予想の参考にするのは「試走タイム」と、過去の競走の成績など。外に行くほどに「試走タイム」が速くなる傾向が強いが、競走車の整備、選手の好不調などで様々だ。

 車券を買い始めたのは6Rから。初日と2日目をチェックしたら、当然かもしれないが、ゼロハンをもらった選手は先行して3着までに残るレースが多い。例えば3連単⑧②①とか⑧⑥③といった具合だ。車券には内の①②③を絡めるのが鉄則に。

 6Rは③⑦④で、3連単4万3250円。隣りにいたファンは「軽ハン(軽いハンデ)が強か~」とつぶやいていた。7Rは⑧⑦①で同2300円。8Rは軽ハン勢が潰れて⑦⑤⑧、同4270円。9Rは10ハンデの2車が最後まで逃げて③②⑧、同8230円。①②③を絡ませて車券を買っているのだがチグハグで、ドボンが続いた。

 ただ、10R以降はちょっと自信があった。10R、11Rは今年のSGを2つずつ優勝している鈴木圭一郎と青山周平が出場する。ランクはS級1位と2位で、断トツの実力を誇る。12Rは地元飯塚の実力者、有吉辰也で堅そうだ。

 で、10R。①新村嘉之と⑧鈴木は「試走タイム」が3.36と3.27で、0.1秒近く違っている。車券は迷わず⑧から。2着、3着はできるだけ高めの配当を願いつつ、①②③⑦のボックスを。結果は⑧①⑦だが、2番人気の3連単470円。オー・マイ・ゴッド!

 続いて11Rだが、①片岡賢児と⑧青山の「試走タイム」は0.1秒差。迷わず⑧から買うも、①を蹴っ飛ばしてドボン。⑧①⑥の3連単1万9500円という配当に、血が上りそうになった。

 そして12R。⑧有吉から買って、軽ハン勢は①②をチョイス。結果は⑧③②で3連単4万5900円。再びオー・マイ・ゴッド!

 はるばる単線電車で飯塚までやってきて、トリガミの1安打である。トホホホホホッ…。

 事務所に挨拶をし、帰ろうとしたら、無料バスが目の前を走り過ぎた。えっ!? なんてこった。 というわけで、駅まで25分ほど、炭鉱の街の一本道をトボトボと歩いたのだった。駅周辺には降りた時に、小さな居酒屋にアタリをつけていた。だが行ってみると、営業は18時からという。もう駅に戻ろうかと思いながらも、そこから横に入ると、やや先に料亭のような構えの店があった。ここに入ってみるか。

 そこはようやくたどり着いたオアシス。「むつごろう」という地元の有名店だった。内陸なのに皮はぎの造りやら、いかetcの魚介類が揃っていた。迷わず、皮はぎ1匹の肝付き薄造りに、赤身を注文する。

 お造りは時間がかかるというので、予定していた電車を一本ずらし、飯塚の「一鳥万宝」という珍しい地酒、そして見かけると必ずお湯割りを頼む鹿児島のいも焼酎「伊佐美」で皮はぎを堪能することができた。

 前日は小倉の行きつけ「味楽」で香箱ガニとふぐの造りで一杯飲(や)り、この日は極上の皮はぎに舌鼓を打つ。なんともいい旅打ち…のはずだった。

 帰りは駅のコンビニで300ミリリットル瓶の日本酒を買って、50分のほろ酔いの単線電車旅となった。ところが…。博多到着まで2、3駅のところで熟睡してしまったらしい。目が覚めたら電車が逆方向に走っている。車内のアナウンスは「次は新飯塚、新飯塚です」。慌てて降りると、振り出しに戻っていた。

 その時間から博多行きに乗っても、飛行機にはもちろん間に合わない。仕方がないので、博多でもう一泊しよう。すっかり酔いも覚めてしまい、駅のホームから炭鉱の街の夜空を眺めていた。いろいろあった旅打ちの一日に、思いを馳せながら…。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談