スポーツ

「安楽智大が被害選手に謝罪する場を設ける」楽天球団のパワハラ対応は「絶対NG」な悪手だった

 元楽天・安楽智大投手のパワハラ余波が収まらない。楽天の森井誠之球団社長は11月30日、楽天モバイルパークで記者会見を開き、一部で報道されていた後輩複数選手への暴力、下半身露出の強要など一連の問題行動を「ほぼ事実」と認め、安楽を自由契約としたと発表した。約10人が直接被害を受けたという。スポーツ紙記者が語る。

「森井社長は席上、他の選手からのパワハラ被害報告はなかったと言及しましたが、今回のパワハラ騒動に巻き込まれる形で株を下げることになったのは、田中将大投手でしょうね」

 というのも、松井裕樹の500試合登板達成における記念撮影時に、安楽がチームメイトに後ろからケリを入れるのを見て、注意することなく笑っていた、とされているからだ。

 田中は12月1日、X(旧Twitter)で、次のようにコメントを出した。

〈この度は皆様にご心配をおかけし、申し訳ございません。ハラスメントは許されないことです。球団のみならず、自分もチームの年長者として、もっと後輩たちの様子に気を配り、気軽に相談され、問題があれば率先して注意すべきであった、意識が甘かったと反省しています。

 今回の問題については各選手と球団がしっかり話をしていると聞いていますが、自分としてはもう一度チーム一丸となってペナントレースを戦っていくことのできるよう、また、ファンの皆さんに安心して応援していただくことのできるよう、できる限りの力を尽くしていく覚悟です〉

 前出のスポーツ紙記者は、

「ベテランの年長者たるマー君が、安楽の行為を見て笑っていたとなれば、ベテラン野手でもなかなか注意はできなかったでしょう。安楽のパワハラ余波が、マー君の200勝達成に影を落とす可能性はありますね。『あと3勝、マー君を勝たせて男にしよう』と奮起する後輩はどれだけ出てくるか…」

 球団フロントは「安楽から被害選手への謝罪の場を設けるためのサポートをする」という「悪手」に出ると発表した。加害者と被害者の同席は、イジメやパワハラ対応で絶対NGといわれる。加害者は謝罪で済んだとしてそれ以上の反省や贖罪もせず、被害者はイジメ被害がフラッシュバックし、生涯癒えぬ心の傷を負うこともあるからだ。

 宝塚歌劇団の親会社たる阪急阪神HDにしても、楽天にしても、大企業が親会社なのに、どうしてパワハラ対応がこんなにまずいのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談