スポーツ

【サッカー日本代表】森保監督は課題を解消できず!闘莉王がズバリ指摘した「最大の弱点」

 サッカー元日本代表の田中マルクス闘莉王氏が、5-0で快勝したW杯アジア2次予選の日本対シリア戦(11月21日)の採点を自身のYouTubeチャンネルで3回にわたって行い、先ごろ最後の配信が行われた。闘莉王氏はこの回で、菅原由勢や森保一監督を中心に評価をしている。

 菅原を闘莉王氏は、

「みんなに好かれているムードメーカー。サイドバックはなんでムードメーカーになるのか。長友佑都、内田篤人はまあ少し、三都主アレサンドロもそうですし、サイドバックにはバカが多いのかなと思うんですけど、またバカが出てきましたね。いや、いい意味の『バカ』ですよ」

 とプレー以外を高く評価。4.5点をつけて(基準は3)、MVPにしようと思ったと話した。

 プレー面でも上田綺世の2点目のゴールシーンを取り上げ、

「狭いところで3、4人の選手がからんでいた。あそこで『ここが突破する瞬間だ。このパスが入れば周りがこう動いてゴールまで持っていける』と先まで見えているように感じた。それができたのならレベルが違う段階にまで持ってこれたのかなと思います」

 として、菅原が今後レギュラーとして戦っていくと太鼓判を押した。

 そして最後に森保采配を採点。闘莉王は以前からフリーキックで得点できるようにするべきだと提言しているが、

「今日もコーナーキックもフリーキックも入ってない。2.5点」

 と厳しい採点に。とはいえ日本人監督として歴代最多となる8連勝には、

「弱い相手とばかり戦ってきたわけじゃない。ドイツやトルコといったレベルの高い相手もいた。ものすごく評価しなきゃいけない」

 と一定の評価を与えている。

 森保ジャパンの年内のスケジュールは終了。来年1月1日にタイと親善試合を行う。そこで闘莉王が指摘したフリーキックに関する問題は解消されるのか注目だ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」